2018年6月6日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.中日戦で先発として初勝利をあげた千葉ロッテマリーンズの有吉優樹のピッチングについて元南海阪神の江本孟紀、元横浜の野村弘樹、元ロッテの里崎智也がタレントの稲村亜美と共に語っています。前半は江本とフリーアナウンサーの松岡俊道が語っています。

 



【この日の有吉の投球内容】

7回1/3、97球、被安打3、奪三振4、四死球1、失点0

今季1勝1敗 防御率3.25 (6/6の試合終了時点)

 

【有吉のヒーローインタビュー一部】

有吉 一から自分で試合を作って投げていくというのは大変な事なので、スゴい嬉しいです。アウトを1つずつ取れば結果が付いてくると思ったのでしっかりと1人1人に投げました。9回投げ切っていないのでまだまだです。(次は完封、完投を考えるか?)いや、そこは考えずにしっかりとやっていきたいです。

 

 

アナ 色々と話を振っているのに最後は「そこは考えずに」という(笑)

 

江本 そこは考えずにって急に萎んだけど(笑) 次は軽く完封しますよって言ってしまえばずっと応援しますけどね。それぐらいの気持ちでいかないと。

 

アナ そうですね。有吉投手はここまで2試合の先発で勝ちが付かなかった2試合も決して内容が悪くなかったんですが、実際に今回は勝ちも付きましたから、ちょっと勢いに乗ってもらいたいですよね。

 

江本 9回完投できるぐらいのピッチング内容ですから、それを目指していけばね。

 

アナ はい。

 

江本 ロッテも先発ピッチャーが大事なんですよ。今日の有吉は良かったです。

 

アナ そうですね。次回以降に楽しみです。

 

 

【ここから野村、里崎、稲村も参戦】

野村 江本さん、ヒーローインタビューでは遠慮気味に言っていましたけど、ちょっと7回ぐらいから少し不安でしたか?

 

江本 そうですね。ホームラン性の当たりもあったし、当然球も浮いてきますよ。先発で長く投げるのが初体験だからね。だけど、内容的にもスタミナ的にも球数がどうだというよりもこのピッチャーはいけますよ。

 

野村 そうですか。

 

江本 十分いける。あとは気持ち次第やね。

 

稲村 おぉぉ、江本さんのお墨付きですか。

 

江本 いや、お墨は付けないけど。

 

一同 (笑)

 

 

江本 お墨を付けるほどではないんだけど、やっぱり気持ちが大事だから。『俺はいくぞ!』みたいなね。

 

野村 今までの彼はセットアッパーで投げる事が多くて、やっぱり先発に回るとスタミナも含めて考え方とか気持ちって大事じゃないですか。

 

江本 うん。

 

野村 適正もあるじゃないですか。先発でいけそうですか?

 

江本 いける。だいたい、アマチュアでセットアッパーやっていた奴がプロに入って来てる?みんな先発完投してきた奴がプロに入って来てんだから。みんな潜在能力があるんですよ。

 

野村 はい。

 

江本 だから、あんまりチマチマしたところで終わらないで大きな目標を持った方がいいですよ。

 

野村 はい。里崎さん、先発陣が出ていますけども。

 

【ロッテの先発陣】

石川歩 6勝1敗 防御率2.54

涌井秀章 4勝4敗 防御率4.21

ボルシンガー 6勝1防御率2.36

有吉優樹 1勝1敗 防御率3.25

渡辺啓太 0勝1敗 防御率4.20

土肥星也 0勝0敗 防御率4.61

 

 

里崎 はい。先発陣では石川、涌井、ボルシンガーは確立されているんですけど、有吉、渡辺、土肥のこの若手3人が出て来てくれるとマリーンズとしては後半に向けてスゴく充実したローテーションを組めるんで、今日の有吉のこの活躍というのは明るい材料ではありますよね。

 

野村 この赤い3人がやってくれないとなかなか浮上が見えてこないですよね。

 

里崎 そうですね。

 

野村 その中で、今日は有吉が勝ったので渡辺と土肥にも刺激になりましたので、また楽しみになってきましたよね。

 

 

以上です。

有吉は以前からいいピッチングをしていました。これからローテーションにガッチリとハマれば後半戦に向けて勢いが出そうです。

おすすめの記事