2018年6月7日のvs.オリックス戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

今日のサードスタメンは鳥谷。試合は阪神・秋山、オリックス金子で試合が始まる。序盤は両先発共に上々の立ち上がりでしたが、阪神は3回裏に1アウト満塁のチャンスで福留の犠牲フライで1点を先制。秋山はピンチを何度も迎えるも凌ぐ展開が続くが6回表に捕まり吉田正尚のタイムリー3ベースで同点に追い付かれる。いつもの阪神ならそのまま逆転されるが次の6回裏に鳥谷のタイムリー2ベースで再び1点差となる。そこから両チーム共に投手が見事な投球で0点を刻みそのまま試合が終了し最終スコア2-1で阪神が勝利。



 

【金本監督の勝利監督インタビュー】

アナ 1点を争う行き詰る一戦でした。

 

金本 そうですね。欲を言えば、もう1点か2点取ってね、もう少し楽に勝てた試合かなと思うんですけど。まあ、投手陣がよく頑張ってくれました。

 

アナ その投手陣。まずは秋山投手、7回1失点でよく粘ってくれました。

 

金本 今日はあんまりいい日ではなかったと思うんですけど、調子が悪い中で何とか粘って投げてくれて、最後の1イニングの7回はギアチェンジしていってくれたんで、ちゃんと空気を読んでというか、試合を見ながらラストイニングというのでよくビシっと終わってくれました。

 

アナ そして、打線の方ですが1番と2番を入れ替えてきました。

 

金本 そうですね。ちょっと植田海が調子を落としているんで、8番の梅野が良くなってきたんでピッチャーで送って1番というところでね。悩んだところもあったんですけど。まあ、多少いじりました。

 

アナ そして、守備の方では鳥谷選手をスタメンサードで起用しました。

 

金本 はい。去年も経験していますし、相手が右ピッチャーということでベテランの力を借りようかというのもありましたし、トリにも調子上げてほしいんでね。4打席立ってほしいというのもありましたんでね。まあ、いい仕事をしてくれました。

 

アナ 守りの方でも素晴らしいダブルプレーを取ってくれたシーンもありましたよね。

 

金本 まあ、大きかったですね。さすがというか、自分の近辺のボールはちゃんと捕ってくれますんで。

 

アナ そして、打っても貴重な貴重なタイムリーヒットが飛び出しました。

 

金本 はい。その前の打席にやられている同じボールだと思うんですよね。それをしっかりと同じ失敗はしないという感じでね。よく間を抜いてくれてね。糸井も足が速かったですね。

 

アナ どうでしょう。これは鳥谷選手にとってはいいきっかけになりそうな1本じゃないですかね?

 

 

金本 まあ、まだ彼の本調子というところではないと思うんですけど、やっぱり調子を上げていってほしい選手にはかわりないんでね。いいきっかけにしてほしいとは思います。

 

アナ これで関西ダービーは27勝27敗1分けということで五分に戻ったんですが、ファンは火花を散らしていますが、ベンチと選手はこの関西ダービーはいかがですか?

 

金本 いや、まあ、特にないんですけど、同じ関西というのでリーグは違いますが、確かに負けられないなというはありますね(笑)

 

アナ これで連敗も止めて巻き返しとなりますが、次に向けて一言お願いします。

 

金本 まあ、打線がもっと活発に打って打って走ってね。ゲームを引っ張っていかないと波に乗って行かないんで、とにかく打つ方を期待しています。

 

アナ ありがとうございました。

 

勝利監督インタビューは以上

 

 

【試合後の金本監督のコメント】

金本 もう少し点は取れたかなあ。福留と鳥谷に打点が付いたのはさすがだね。ポイントは7回の守りだった。秋山は正直代えたかったんだけど、調子が悪い中でここをどう凌ぐか、今後の彼のためにも大事なところだと思ってマウンドに送った。

 

【試合後の香田投手のコメント】

香田 秋山はスライドということで体が重たそうだったんだけども、その中で7回1失点は成長だね。もちろん0点がいいんだろけど、6回の失点の場面はピッチャーとしてはどうしてもショックを受けるところなんだけど、その中で切り替えてクリンナップを抑えてくれた。まあ、追い付かれても追い越されないというのが1番成長したところ、強くなったところだね。7回はまた一段とギアが上がって気持ちが表に出ていた。ブルペンで藤川球児と岩崎が何回も準備していたのは褒めてあげたい。

 

【試合後の久慈守備走塁コーチのコメント】

久慈 久々の鳥谷のサードは去年ゴールデングラブも獲っているし、こういうプレーを続けてほしいですね。

 

 

以上です。

僅差のゲームですけど相変わらず貧打の阪神でした。そして、大山に代わって鳥谷が入って活躍しました。大山はもう今年は花開かないかもしれませんね。野球人生でこれだけの大チャンスを自分から逃しました。去年の北條と同じ状態です。

おすすめの記事