2021年5月9日に日本テレビで放送された『Going Sports & News』で急激な成長を見せる阪神タイガースの佐藤輝明について赤星憲広が番組MCの上田晋也とタレントの亀梨和也と共に語っています。

 



佐藤の成績(5/9の試合終了時点)
打率.266 本塁打10 打点28

 

上田 では赤星さん、5月4日に佐藤選手が打った初めてのレフト方向へのホームランの凄さを解説していただけますか。

 

赤星 はい。ズバリなんですが、跳ね上がるように打ってるんですね。

 

第9号ホームラン

 

赤星 軽く振ってるように見えるんですけど、インパクトの瞬間に下半身を沈めて地面を蹴って、その反動を利用して上への力を爆発させてるんですよ。

 

上田 ほぉー。

 

赤星 その証拠に打った後に体が跳ね上がってるのがちょっと分かりますよね。

 

上田 確かに。

 

赤星 これはしっかりと下からの力をボールに加えているので、軽く振ってるようには見えるんですけど、反対方向のレフトスタンドでもこれだけの打球が飛ぶんですよね。

 

上田 うんうん。

 

赤星 これはプロに入ってスゴく進化しているなという打ち方ですね。

 

亀梨 なるほど。では赤星さん、現在リーグトップの10号なんですけど、更にホームランが増えるカギというのはどの辺りなんでしょうか?

 

赤星 カギというか、もう間違いなく増えていくと思います。その理由が10号ホームランなんですね。

 

第10号ホームラン

 

赤星 このホームランではインハイを打ったんですけど、それまではこの近辺のコースを打ち損じたり空振りしたりでちょっと死角になっていたところがあるんですよね。

 

上田 うんうん。

 

赤星 ここをホームランにした事によって、もうある程度のゾーンを長打にできるようになってるんですね。

 

上田 はい。

 

赤星 そうなると、ホームランの量産も出来ると思いますし、尚且つ打率も上がってくると思いますね。

 

 

以上です。

プロに入ってから急激に成長している。
おすすめの記事