2018年4月17日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で2017年15勝を上げて今季も先発をしていましたが不調で中継ぎになった広島の薮田和樹について元横浜の平松政次、元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



【今季の薮田の投球成績】

4/3 vsヤクルト(先発) 5回 112球、被安打4、四死球7、自責3 白星

4/10 vs阪神(先発) 5回1/3 104球、被安打4、四死球8、自責3 勝敗なし

4/13 vs巨人(中継ぎ) 2回 25球、被安打3、四死球0、自責2 勝敗なし

4/17 vsヤクルト(中継ぎ) 1回2/3 28球、被安打4、四死球0、自責0 白星

通算成績4試合 2勝 防御率3.86

 

 

アナ 広島は3連勝です。

 

高木 今年の広島は試合運びに強いというイメージはないんですけど、着実に勝っていきますよね。

 

アナ はい。

 

高木 でも、その中で心配なのが薮田ですが里崎さんはどうですか?

 

里崎 はい。

 

高木 2017年は大活躍して今は中継ぎですけど、里崎さんの経験上、前年に大活躍した先発ピッチャーが不調で中継ぎに入って復活したっていう投手っています?

 

里崎 あんまり・・・僕の経験上はいないですけど、薮田はもともと中継ぎで先発に入ったんで、薮田に限ってはアリなのかなっていう感じはありますけどね。

 

高木 でも、こういうことになると広島の投手陣は手薄になってきますよね。

 

里崎 そうですね。僕は高橋昂也に期待していますけどね。

 

高木 高橋、左ピッチャーの。

 

里崎 はい。

 

高木 なるほど。平松さん、今年の籔田の投球を見ていてどうですか?2017年との違いは。

 

平松 ん~あんまり変わってはないんだけど。

 

高木 今年は特にコントロールが悪いですよね。

 

平松 だいたいリリーフから入ったということは2017年からそういうピッチャーなんだけど。すごく良いから先発に最初からやっていたわけではないからね。もともと、ボールが荒れるピッチャーなんだけど、それを克服して投げていかないとね。2017年は15勝していますからね。

 

高木 やっぱり、リリーフの方が良いということですか?

 

平松 中継ぎに入って、また自分の良いところを見出だして、そしてまた先発をさせた方がいいですね。

 

高木 昨年の薮田が良かっただけに期待をするところがたくさんあるんですけどね。ちょっと今後心配です。

 

 

以上です。

2017年はまぐれだったのか否かは今後の薮田次第で分かりますね。とにかく四球が多いからカープファンはイライラする投手かもしれませんね。

おすすめの記事