202079vs.読売ジャイアンツ戦@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 ガルシア―岩崎―スアレス―藤川

巨人 メルセデス―ビエイラ―高木

 

試合は7回表まで投手戦でゼロ行進でしたが、7回裏に大山がヒットで出塁し、ここでボーアが特大の2ランホームランを放ち阪神が先制。阪神は必勝リレーで最後に藤川球児が1失点したものの、それで凌いで2-1で阪神の勝利。巨人にも今季初勝利となった。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―ガルシア6回無失点で降板

矢野 球が少し浮いてきてたし、相手ピッチャーも非常に良かったので、先にここで勝負しようという事で判断した。

 

―ボーアのホームラン

矢野 完璧だった。ホームランはやっぱり大きい。あれで2点が入って、期待通りの働きをしてくれている。ボーアも他チームに研究されるし、ボーア自身も慣れてくるところもある。そういう勝負もあるから積み上げていってほしい。ただ、今日の試合でひとつ言える事は最後の打席(1アウト2-3塁のチャンス)でもう1本が欲しかった。

 

―明日(7/10)から観客が入るゲームになる

矢野 制限がある中で1歩こうやって前に進める事を嬉しく思います。ファンに見てもらう事で出来るプレーもある。選手も私も明日からを楽しみにしています。

 

 

以上です。

ボーアが本格化してきました。
おすすめの記事