2018年10月30日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で日本シリーズ2018、広島カープvs.福岡ソフトバンクホークスで3戦、6回裏にキャッチャーとしていい働きをしていたソフトバンクの甲斐拓也に代打を送った工藤采配についてヤクルトで監督をしていた真中満、元横浜の高木豊と斎藤明雄がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



アナ ソフトバンクは6回裏にキャッチャーの甲斐選手に代打松田選手を送りました。

 

高木 うーん。真中さん、普通セオリーでいけば勝っているキャッチャーを代えるというのはスゴく勇気がいると思うんですけどね。

 

真中 代えづらいですよねぇ。

 

高木 普通は代えないでよね。

 

真中 普通は代えれないですよね。例えばこれが1アウト満塁とか絶好のチャンスで何とか追加点という場面ならアレなんですけど、6回の先頭バッターですから。

 

高木 うん。

 

真中 あとは当たっていない松田を代打に送っていますからね。ちょっとこの辺は甲斐に問題があったのか、松田をどうしても使いたかったのかというところなのかなと考えられるというのもあるんですけど。

 

高木 うん。

 

真中 まだここは慌てて動かなくてもいい場面ですよね。

 

高木 そうですよね。明雄さん、ピッチャーも代えるタイミングにもなるんですけど、ピッチングコーチからして、例えば勝っているときにキャッチャー代えるのはどうですか?ソフトバンクはけっこうこういう使い方をするんですけども。

 

斎藤 私はこの交代はちょっと早いかなと思います。

 

高木 代えるにしてもね。

 

斎藤 うん。代えるんだったら8回ぐらいで代えてもいいと思うんですよ。

 

高木 はい。

 

斎藤 あと、これ今日は野手のリズムも甲斐のリードも良かったし、ランナーが出たら刺してくれるしね。代わって守る高谷も2番目の盗塁阻止率なんですけど。

 

高木 高谷と阻止率がいいですよね。

 

斎藤 うん。だけど、今日のゲームの流れからすると、初回に三振ゲッツーをとった流れからすると、代え時が少し早かったのかなという気がしないでもないです。

 

高木 うん。

 

斎藤 守っている野手のリズムも変わるのかなという感じもしましたね。

 

真中 工藤監督も1点差に詰められて、どうしても得点したいというイメージだったのかもしれませんね。それで動いたんでしょうね。

 

高木 まあ、ベンチが切羽詰まっていたということですかね。

 

真中 そうですね。点数取られた後なので、攻撃的な感じでもう1点ここでなんとかというような感じですよね。

 

高木 そういう面ではソフトバンクはスゴく攻撃的にやってますよね。

 

真中 そうですね。

 

高木 2戦目もオーダーを代えたりとかね。

 

真中 そうですね。点数を取りにはいってますよね。

 

この交代についてこの後、結果論的に高木豊が触れます

 

以上です。

甲斐を簡単に代えるのはどうなんでしょうかね。

おすすめの記事