2019年1月に東海テレビで放送された『壮だったのか!たけい荘G』で中日ドラゴンズで活躍した荒木雅博が守備の極意について武井壮、中日OBの山本昌と山崎武司と共に語っています。

 



守備の構え

荒木 まずは形です。内野手は後ろに体重がいかないように。

 

武井 かかと体重にならないように。

 

荒木 前に捕りにいくから絶対に前傾になるんですけど、それの一番簡単な形の作り方って、まずは前屈みでヒジをヒザに置くんです。

 

 

武井 もうこの時点で前傾になってますね。

 

荒木 更に足の親指の方に体重を置きます。

 

 

武井 ほー。

 

荒木 もうこれで出来上がりです。あとはヒジを外して、グラブの面を見せる。これが一番いい形です。

 

 

武井 へぇー。井端さんとは全然違う。

 

 

荒木 これを横から見たら一番いい形なるんです。

 

 

武井 なるほど。確かにきれい。アメフト選手の前傾姿勢の構えに似てる。

 

荒木 そうですね。

 

 

捕球編

武井 じゃあ、次は捕球。

 

荒木 まず頭の位置が右足の上(左利きの人は左足)にある。

 

 

山崎 意外と正面よりも右足に近いんだね。

 

荒木 そうですね。だから、右で捕ってる感覚の人がいるんですけど。

 

武井 へぇー。

 

荒木 ただ、これが右足に近すぎると大体失敗します。

 

 

武井 これは意外と知らない事ですよね。

 

武井壮が挑戦するが上手くいない

 

武井 あれ?何かが違うな(笑)

 

山本 どきなさい。

 

山本昌がやるとこうなる

 

山本 こういう感じだろ?

 

荒木 まあ、まあ、そうです・・・。

 

武井 ちょっと遠慮がちじゃない?(笑)

 

山崎 捕り方の格好が悪すぎる(笑)

 

荒木 武井さんも昌さんも腰が曲がってるんですよね。さっき言った前傾姿勢の構えに慣れてないというか。

 

 

荒木 全部こうやって捕ってる。

 

 

 

以上です。

捕球の形とかはかなり参考になると思います。

おすすめの記事