2018年10月5日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日に現役引退の会見を行った読売ジャイアンツの山口鉄也について楽天で監督をしていたデーブ大久保、元横浜の高木豊、元阪神ダイエーの池田親興がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



引退会見はこちら

 

アナ 引退の会見場には内海、菅野、坂本、宮國、長野の5選手。そして引退した選手では村田さんと杉内さんも訪れたということです。

 

大久保 そうなんですよね。豊さん、山口はいいピッチャーでしたね。

 

高木 DeNAのコーチ時代に山口を攻略するのにフォースボークってサインがありましたよね。(※〇〇の部分はよく聞き取れませんでした)

 

大久保 ありますね。

 

高木 1-3塁のときにね。やっぱり打てないし点が取れないから、もし1-3塁になったらその作戦がいるなと思って、わざわざ作ったピッチャーです。それぐらい打てないピッチャーだったです。

 

大久保 ねぇ。フォースボークって、ボークを誘うっていうね(笑)

 

アナ はい。

 

大久保 チカさんはこの山口をどう見てましたか?

 

池田 やっぱり9年連続60試合以上ってそれは凄いですよ。

 

大久保 異常な数字ですよね。

 

池田 まあ、タフネスですし、スゴく優しい選手らしいですけどね。

 

大久保 そうだったみたいです。

 

池田 まあ、マウンドに上がったときのバッターを攻める彼のスピリットというのは本当に見ているだけでも伝わってくるし、それぐらいの気持ちがないとマウンドに上がれないんだというのを見せてくれたというのは他の若手にも繋がっていくんじゃないですかね。

 

大久保 本当にそうですよね。

 

高木 でも、スゴくいい会見でしたよね。

 

大久保 いいですよね。

 

高木 最初の引退という言葉が出てこない。そして肩を労わっている自分の心。素晴らしいですね。

 

大久保 本当に育成の選手が何億も稼ぐ選手になった先駆者ですよね。

 

アナ まさに育成の星ということで野球界の歴史に名を刻んだと思います。山口投手、本当に12年間お疲れ様でした。

 

大久保 お疲れ様でした。

 

 

山口鉄也 34

2007年から2018年に読売ジャイアンツに在籍

通算642試合、52勝27敗、273H、29S 防御率4.05

2005年育成ドラフト1巡目

2008年新人王、2009年2012年2013年最優秀中継ぎ

 

以上です。

岩瀬、浅尾、山口が引退だとセ・リーグの一つの時代が終わったと感じます。あの時代の強烈なリリーフは藤川球児ぐらいしか生き残っていません。

おすすめの記事