2018年8月17日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で先発し5回途中3失点で降板して2ヵ月以上、勝ち星から遠ざかっている阪神タイガースの秋山拓巳について元横浜の斎藤明雄、楽天で監督をしていたデーブ大久保、元ヤクルト広島の笘篠賢治がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



【この日の秋山の投球内容】

4回1/3、90球、被安打6、奪三振6、四死球2、失点3

今季5勝9敗 防御率3.87 (8/17の試合終了時点)

 

 

アナ 敗れた阪神ですが、心配なのが秋山投手で、6月7日以来勝ち星がないんですよね。

 

大久保 明雄さん、2017年はチームトップの12勝ですよね。

 

斎藤 そうなんですよね。メッセンジャーよりも勝ち星が上だったんですよ。

 

大久保 はい。

 

斎藤 だから、今年はいけるかなと。キャンプで見ていても調子が良かったんですけどね。

 

大久保 はい。

 

斎藤 やはり、一つ歯車が狂っているように見えますね。

 

大久保 ボール自体はどうなんですか?

 

斎藤 投げているボールは悪くないんです。だけど、コントロール的に非常に甘いところにきているんですよ。

 

大久保 あー。

 

斎藤 バレンティンに対しては相性が悪いのもありますけど、追い込むまでは非常に良いんですよ。

 

大久保 えぇ。

 

斎藤 追い込んでから、勝負球が甘くなってやられているという感じなんで。

 

大久保 なるほど。

 

斎藤 秋山もやることはやっていると思うんですけど、ちょっと狂いが出ている。だから、軸足とか投球フォームに狂いがあるのかもしれない。投げた後に体勢が崩れるのも多いんですよね。

 

大久保 なるほど。

 

斎藤 秋山は安定感のあるフォームをしていたんですけど、軸足に乗る時間が少ないように見えますね。

 

大久保 苫篠さん、秋山は真っ直ぐの球速が150キロ出ないのに真っ直ぐで空振りを取れていたと思うんですね。

 

苫篠 そうですね。

 

大久保 バッターから見て今年の秋山はどうですか?

 

苫篠 昨年の方が球持ちが良かったように見えますよね。

 

大久保 うーん。

 

苫篠 明雄さんが言われたように、今年はやっぱり軸足に乗っている時間がちょっと短いような感じがするので、早くバッターの方にいきたがっている感じで、球離れも少し早く見えちゃいますよね。

 

大久保 ということは、バッターには見えやすくなっちゃっているんですね。

 

苫篠 そうですね。早くボールを離してくれますからね。

 

大久保 なるほど。まあ、その微妙はところを調整してもらってほしいですね。

 

アナ そうですね。きっかけを掴んでほしいですね。

 

大久保 はい。

 

 

以上です。

投球フォームに狂いが出ているからコントロールも安定しないんでしょうね。

おすすめの記事