2018年5月20日にTBSで放送された「S-1」でこの日のvs.阪神戦で主に先発することになった中日ドラゴンズの松坂大輔について野村克也がぼやき解説をしています。

 



【前回登板の松坂は右ふくらはぎの張りで降板してのこの日】

野村 病み上がりだから無理はさせないよ。痛みが再発しないことを祈っています。

 

【制球がイマイチながら1回表を無難に抑えた松坂について】

スタッフ さすがじゃないですか?

 

野村 さすが!?そんな感じしないけど・・・。

 

スタッフ そうですか・・・。

 

野村 投げたボールと対話を感じないわな。これはボールにして、これはファウルでカウントを稼いでとかがない。ボンボンど真ん中に目がけて投げているっていう感じだね。「ボールに聞いてくれ~」って感じ。ンフフ・・・そんな感じだよ。

 

【松坂の投球フォームが気になるノムさん】

野村 腕を痛めたピッチャーの共通した投げ方だよな。首が動き過ぎる。庇っているんだよ。痛いから庇う。腕が振れない分だけ首も振る。

 

【3回まで得点を許さない松坂を見て逆に阪神にイラつく】

野村 今の松坂は何が良いか聞かれたら答えられない。阪神に気迫というか、何とかひっくり返そう、点を取ろう、という雰囲気が全然ないじゃん。消化試合みたい。金本は怒らないのかね!?

 

【4回裏に打者・松坂がNPBで4363日ぶりのヒットを打つ】

野村 ほっほっほー。初ヒット。

 

【更に5回裏にもヒットを放ちマルチヒット】

野村 無欲の結果だね。昔から良いピッチャーは良いバッティングをしているよね。

 

【6回に連打を許すが3番福留を絶妙な変化球で見逃し三振に仕留める】

野村 忘れた頃にピュンっと内角にボールがいく。点差が4点(この時のスコアは5-1)もあるからね。「ホームランを打たれても良い」って、思い切って内角を要求できるわな。

 

【その後、試合が進み松坂が勝利投手に】

野村 完全復活のようにはまだ俺には映らないんだけど、まだちょっと何か足りないような気がする。スピードといい、コントロールといいね。

 

 

以上です。

松坂の要所を締めるピッチングは見事でしたけど、途中でノムさんが言っていますけど、阪神打線の弱さがヤバいところまで来ているので、今回のピッチングの評価は分からないですね。ここ10試合ぐらい3点以上をなかなか取れていないぐらいの弱すぎる阪神打線ですからね。

おすすめの記事