2018年10月5日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日の東北楽天ゴールデンイーグルスvs.千葉ロッテマリーンズであったロッテ安田に代打、楽天岩見に代打という采配について楽天で監督をしていたデーブ大久保、元横浜の高木豊、元阪神ダイエーの池田親興が語っています。

 



大久保 豊さん、気になったシーンがあるんですよね。

 

高木 気になったシーン。まあ、この試合というのはある程度消化試合じゃないですか。

 

大久保 そうですね。

 

高木 タイトルは争っていますけどね。

 

大久保 はい。

 

高木 ただ、ルーキーの安田をロッテは使っていたんですね。

 

大久保 はい。

 

高木 その安田は2打席目にヒットを打っていて、6回表1-3塁のチャンスで打席が回ってきて、『おっ、ここはどんなバッティングするかな』と思ったら、ベンチにいるんですよ。(※代打で高濱が登場)

 

大久保 うん。

 

高木 これは2打席ずつで安田と交代した選手に打席をやるっていうのを最初から決めていたのかもしれません。

 

大久保 なるほど。

 

高木 でも、安田っていうのはこういうところで打ってほしいバッターに育ってほしいじゃないですか。

 

大久保 そうですね。

 

高木 だから、代えたのがちょっと残念でしたね。まあ、色んな理由があってのことなんでしょうけどね。

 

大久保 はい。

 

高木 そしてもう一つはですね。楽天の岩見っていう慶応から入ったルーキーのホームランバッターですよね。

 

大久保 そうですね。

 

高木 それで9回裏の1点ビハインドの場面で岩見の打席が回ってきたんですね。

 

大久保 はい。

 

高木 それまでの3打席というのは本当にどうしようもないバッティングをしていたんですけど、こういうところでホームランを打ってほしいバッターじゃないですか。

 

大久保 そうですね。

 

高木 それで出てきたのが、代打ディクソン。

 

大久保 はい。

 

高木 『何で?』と。いや、最高に経験できるところじゃないですか。岩見にとっては3打席凡打していても1打席でバッターは救われるじゃないですか。

 

大久保 そうですね。

 

高木 そこで打ってこいと言ってほしいですよ。

 

大久保 まあ、3打席に1回打てるようだったらレギュラー取ってますからね。なかなか3打席では結果出せないですもんね。

 

高木 うん。だから、そこらへんが球団の事情もあるんでしょうけども、何かちょっと残念に映りましたね。

 

大久保 なるほど。チカさんはこれについてはどうですか?

 

池田 まあ、確かに安田はヤフオク!ドームで東浜からホームランを打ったんですよ。

 

大久保 はい。

 

池田 それを見ていいバッターだな。スゴいバッターになっていくんだろうなっていうところで豊さんが言うように打たせてほしかったんですけど、来季以降のことを考えたら他の選手も出てこないといけない部分があると思うので、そのへんに関しては残り試合が少ない中でやっていったんじゃないかと思いますけど見てみたかったですね。

 

大久保 ソフトバンクだと消化試合になったらどんな若手起用をするんですかね?

 

池田 まあ、3軍もありますので、こんな選手がいたのかっていうようなファンも驚くような選手が出てくるのですけど、色々と精査していきながら起用していますね。

 

大久保 なるほど。

 

 

以上です。

岩見に代打ディクソンはかなり変だと思いました。この時期に代打ディクソン?

おすすめの記事