2018年6月7日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.SB戦で2本のホームランとサヨナラ押し出しを選んだ東京ヤクルトスワローズの雄平について元中日の谷沢健一、元阪神ダイエーの池田親興、ヤクルトで監督をしていた真中満がフジテレビアナウンサーの小澤陽子と共に語っています。後半は抑えの石山泰稚についても語っています。

 



【この日の雄平の打撃内容】

1打席目 レフトホームラン (打点1)

2打席目 ファーストゴロ

3打席目 ライトホームラン (打点1)

4打席目 レフトフライ

5打席目 四球 (打点1)

 

【雄平のヒーローインタビューの一部】

雄平 最高です。この勢いを消さないように気持ちを引き締めて、また明日からやっていきたいです。

 

 

アナ 熱い攻防の末、見事にヤクルトが7連勝という結果になりました。

 

谷沢 そうですね。驚きですけどね。しかし、雄平の2本のホームランと最後に押し出し四球を選んだけども。真中さんね、この雄平のバッティングを見ていると、待ち方というか、狙い球の絞り方というのが長けてきているという感じがするんですけどね。

 

真中 そうですね。どうしても『打ちたい打ちたい』が出てしまってボールに手を出すケースが多いんですね。最後のスリーワンからの押し出し四球もありましたけど、少し落ち着いて打席に入れているかなという感じがしますよね。

 

谷沢 うんうん。けっこう球種なんかは思い切って絞れる方?

 

真中 まあ、どっちかというと来たボールを対応するタイプですから、ボール球にも手を出すんですけども、それも持ち味なんで、うまくハマればいいんですけどね。

 

谷沢 スコアラーが『こうやって攻略しろ』と言っても難しい。

 

真中 それは難しいかもしれないですね(笑)

 

谷沢 ハハハ(笑)

 

真中 高めのボールも打ちますからね(笑)

 

 

【ここから石山の話題】

アナ 大活躍の雄平選手ですけども、ヤクルトがこれで交流戦で単独1位となりました。

 

谷沢 まあ、今日は10回にサヨナラになった場面では繋いで繋いでね。打線の率は悪いんだけど、そういう意識がスゴく芽生えてきた。

 

アナ うん。

 

谷沢 そして、池田さんね、最後の石山ですね。ボールの回転というかスピンというか。そういう部分で変化球も含めて、抑えに適しているピッチングになってきているよね。

 

池田 そうですよね。落ち着いているというか、バッターとの駆け引きの中で変化球を見せながら、変化球が来るだろうというところで真っ直ぐを投げている。

 

谷沢 うん。

 

池田 バッターの頭の中を『ここはフォーク スライダー』と変化球で一杯にしての真っ直ぐで押してくる。コースを間違えてもバッターは遅れてしまうんですね。だから、そういうやり取りがマウンド上で抑えというか、後ろで投げるピッチャーに変わってきたなと、非常に落ち着いたピッチングをしていますよね。力もありますし。

 

谷沢 SB石川のピッチングもそうだけども、石山のピッチングも最後のリリースの瞬間のスピンの掛け方、手首で回転数を与えるような。

 

池田 そうですね。肩から、肘から、腕からの関節を非常に上手く使ってボールに乗っていっているんでしょうね。スピン量が多く感じますよね。

 

谷沢 真中さん、こんなにいいピッチャーだったら2017年はあんなに苦労しなかったよね(笑)

 

真中 ハッハ(笑) もともとストレートはいいんですよね。あとは変化球の使い方なんですよね。今年はスライダーも上手く使っていますしね。落ちるボールも十分に使えると思いますんでワンランクアップしていますね。

 

 

以上です。

雄平の豪快なバッティングがきてますね。それにしても真中はボール球に手を出す雄平にもイライラせずにそれを持ち味としてありのままで打席に立たせていた真中は寛大ですね。あとは石山という抑えもハマりそうなんでようやく方程式も組めるようになってきています。

おすすめの記事