2018年6月7日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.オリックス戦でセカンドにコンバートされていましたが大山の不振でとうとうサードでスタメン復帰し即大活躍をした阪神タイガースの鳥谷敬について元中日の谷沢健一、元阪神ダイエーの池田親興、ヤクルトで監督をしていた真中満がフジテレビアナウンサーの小澤陽子と共に語っています。

 



【この日の鳥谷のヒーローインタビューの一部】

鳥谷 1打席目にチャンスでランナーを返せなかったので何とか繋いでいこうというのが、打球がいいところに飛んでくれたので、糸井もしっかり走ってくれて決勝点になって良かったと思います。(今年初めてのお立ち台については)本当に久しぶり過ぎて何だかよく分からないんですけど、これからも1回でも多く立てるように頑張っていきたいと思います。

 

 

アナ 阪神が連敗を2でストップしました。

 

谷沢 池田さん、先日、連続試合出場の記録が1939で途絶えて、それでこうやってまた復帰してきた。

 

池田 そうですね。まあ、どっかで途切れる時があると思うんですが、その後に彼が考え方を新たにして。

 

谷沢 うん。

 

池田 そして、守備でも打撃でも、もう1回仕切り直しをしたという感じが伝わってきますよね。

 

谷沢 真中さんね、今日はサードの守備だったけども、サードからセカンドに移る。そしてまた自分の生きる場所を探してまたサードというポジションに移る。

 

真中 そうですね。キャンプはずっとセカンドをやったりして色々とポジションをやりながらね。まあ、鳥谷ぐらいの選手ですから色々なことに順応しますよね。

 

谷沢 うん。

 

アナ 打って守って凄かったですね。

 

池田 ホークスの松田も連続スタメン出場記録が止まって1試合空けたところから3安打して2ホームランがあったんですけど、こういう選手というのは切り替えがやっぱり上手ですよね。

 

アナ なるほど。

 

谷沢 鳥谷というのはね、横浜DeNA戦で横浜に来るとトレーニングジムが私と一緒なんですよ。

 

アナ そうなんですか(笑)

 

谷沢 午前中に彼は早くトレーニングジムに行って一汗流してから試合に臨むんだよ。でも、なかなか打撃の調子が上手くいかなかった。でも、そういう日々のトレーニングが生きてきているよね。

 

アナ なるほど。

 

 

以上です。

大山がダメ過ぎて鳥谷がサードに戻ることになりました。そこでバッチリ結果を残す鳥谷も凄いですね。日々の努力を欠かさないからチャンスをモノにできるんでしょうね。谷沢は早稲田の後輩ですからかなり気にかけている様子です。

おすすめの記事