2018年5月16日にBS1で放送された「ワールドスポーツMLB」でこの日のvsアトランタブレーブス戦で風邪で10日間空けてから復帰したシカゴカブスのダルビッシュ有の投球を元巨人の高橋尚成がフリーアナウンサーの平原沖恵と共に分析しています。

 



【この日のダルビッシュの投球内容】

4回、被安打3、奪三振5、与四死球2、失点1

今季0勝3敗 防御率5.56

 

【ダルビッシュの試合後のコメント】

ダル 球に関しては、むしろ良かったと思いますし、10日間何もできなかったことでメカニックなところを考えていい感じのモノを得られた。ただ、思ったより疲れやすいというか、体重もだいぶ落としてしまった。(ふくらはぎの張りで交代したのは)あと1イニング言うのが早かったとすんごい後悔しました。

 

 

アナ ダルビッシュ投手は初勝利なりませんでしたけども、今日の投球に手応えを感じていたようですね。

 

高橋 そうですね。前回よりもフォームが何となく良くなってきたのかなと感じますね。そういう面ではもう少し見たかったなと思いますね。

 

アナ そうですね。右ふくらはぎの張りということで残念でしたね。

 

高橋 残念です。というのも、前回と投球内容もスライダーが多めになっていて、だいぶ変わっていたのかなと思いますね。

 

アナ そうですね。前回の登板後にスライダーが課題と語っていたのですが、前回は全体の13.9%(12/86球)だったスライダーが今回は42.6%(26/61球)と大幅に増えていますよね。

 

 

高橋 そうですよね。

 

アナ 今日のスライダーはどうでしたか?

 

高橋 投球フォームで体重が前に乗り出した感じですよね。そういう面では改善できていて良くなってきていると思いますね。以前は1塁側に流れていたんですけど、今回は前に体重が乗っているんで制球が良くなるんですよね。

 

アナ これはキャンプから取り組んでいたことですよね。

 

高橋 そうですね。まあ、キャンプでは体重を後ろに残して、それから前に移して投げるということをしていたんですけど、それが後ろに残し過ぎていたんじゃないかなと思いますね。だから、前に体重が乗らなくて結果が出なかったんじゃないかなと思いますね。

 

アナ 1回先発を飛ばしたことによって良い方向には行っているようですね。

 

高橋 そうですね。10日間を有意義に過ごせたんじゃないかと思うんですよね。色々考える時間もあって、ダルビッシュ投手の考える力はスゴいですからね。そういう意味では考えた末にこういうフォームになったんじゃないかと思いますね。

 

 

以上です。

フォームが良くなってこれから調子を上げていくんでしょうか。ビシビシ抑えまくる姿を見たいです。

おすすめの記事