2018年11月1日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で日本シリーズ2018、広島カープvs.福岡ソフトバンクホークスの第5戦、7回裏のソフトバンク・明石健志の起死回生の見事なホームランについて元中日の谷沢健一、元日ハムの岩本勉、元ヤクルト広島の笘篠賢治がフジテレビアナウンサーの内田嶺衣奈と共に語っています。

 



アナ 7回裏にソフトバンクの明石選手が同点ホームランを放ちました。

 

谷沢 はい。広島のピッチャーはフランスアなんですよ。フランスアは非常に力強いボールを投げています。苫篠さん、肩口からのスライダーかカーブかな。

 

苫篠 はい。僕はずっと真っ直ぐで押してほしかったですね。

 

谷沢 うん。

 

苫篠 明石は体が小さいですけど、ピッチャー側の肩が開かないバッターで素晴らしいです。

 

谷沢 うん。

 

苫篠 ずっと開かないで開かないで、肩口からスライダーが来て物凄い絶好球でね。もう完璧に捉えましたよ。だから広島バッテリーにはずっと真っ直ぐで押してほしかった。

 

谷沢 ガンちゃん、苫篠さんが言ったように明石は開かないで踏み込んでいくタイプだよね。

 

岩本 スローで捉え方を見ていると、ジャイアンツの阿部選手を思い出すぐらい、しっかりと捉えたホームランでしたね。

 

谷沢 うん。

 

岩本 もう旭川のヤンチャボーイがしっかりと仕事しましたね。明石君、グッジョーブ!(カメラ目線)

 

谷沢 フフフ(笑) ボールを捉えるポイントまで力を抜いて、そこからすくい上げるというかね。

 

岩本 カウントが2ボール2ストライクで、もう待ってましたというようなホームランに見えるというのはやっぱり変化球が肩口から入ってきたからこそ出来たというのがあるんですかね。

 

苫篠 狙ってないと思います。真っ直ぐ3つ続けられて、フランスアのこれだけ速いボールを見せられて、ここでスライダーを待つというのは出来ないと思います。

 

岩本 反応なんですね。

 

苫篠 自分の中で壁ができるから、ああいう肩口からの変化球は何とか当てることが出来るという。

 

岩本 はい。

 

苫篠 自分の力が分かっているからこそ出来たバッティングだと思いますね。

 

岩本 そのシーンだけ見たら、待ってましたホームランに見えますよね。

 

苫篠 うん。

 

谷沢 私は初球から肩口からの変化球を狙っているような。

 

岩本 ほー。

 

谷沢 その狙いを変えなかったことで、最後にスライダーを捉えたとように見えたけどな。

 

アナ 皆さんの意見が違いますね(笑)

 

岩本 後日、明石選手に聞いてみたい。

 

 

以上です。

素晴らしいホームランでした。谷沢はいつもの逆張りでしょうね。

おすすめの記事