2018年5月4日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvsロッテ戦で3試合連続安打でファースト守備にも就いた北海道日本ハムファイターズの清宮幸太郎について元横浜の斉藤明雄、ヤクルトで監督をしていた真中満、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



アナ 清宮選手のについて振り返って頂きますが、今日初めてファーストの守備に就きました。

 

大久保 ファーストしていましたね、真中さん。

 

真中 みんな注目し過ぎていて可哀想だなと。普通にファーストでワンバウンドを捕っただけなんで。これぐらいは誰でも出来ますし、もちろん清宮選手も簡単に捌いていますけども。(この日の目に付いた守備はセカンドのショーバン送球を伸びてキャッチしただけ)

 

大久保 はい。

 

真中 今まではDHでしたけど、今度は守りながらですので色んなリズムがあると思いますね。だから、色んな経験をしながら日々成長してもらいたいと思いますね。

 

大久保 そういう意味では日本ハムは上手に育てるなあというのがあるんですけど、そんな中で中田翔がレフトに回されたって言ったら語弊があるかもしれないけど。

 

真中 はい。

 

大久保 レフトにいってるのに何の不満もなく、一生懸命にプレーする姿にやっぱりこのチームは中田だなと思いましたね。

 

真中 彼は見た目がこんな感じですけど素直な選手ですから、本当に勝利のためにもちろん素直に引き受けると思いますよ。

 

大久保 そうですよね。明雄さん、ちょっと清宮の話をしたいんですけど、プロのピッチャーから見て清宮ってどう映っているんですか?

 

【この日の清宮の打撃内容】

1打席目 空振り三振

2打席目 見送り三振

3打席目 ファーストエラー

4打席目 センター前ヒット

シーズン打率.300

 

 

斉藤 まだ初めて対戦するピッチャーばっかりなので、投球フォームに合わせて打とうかなという感じがしますね。

 

大久保 なるほど。

 

斉藤 この(ロッテの抑えの)内から打ったヒットは内が足を上げて、下ろしていくタイミングで右足(清宮のピッチャー側の足)を下ろしているんですよ。

 

大久保 はい。

 

斉藤 それで付いた(清宮の足?)、離れた(内のリリース?)時に上手くポイントを持っている感じに見えますね。

 

大久保 なるほど。それはやっぱり明雄がピッチャーだったら、いいバッターと考える?

 

斉藤 ピッチャーで足を上げて投げるときに、「あ、腰が開かないな 開いたらこっちのもんだな」と思うんですけど、開かないで打ちにくるとインサイドが危ないなと、クルっと回るんじゃないのかなという怖さはありますよね。

 

大久保 なるほど。

 

斉藤 ただ、真っ直ぐはインサイドを投げられると思うんですけど、そんなにインサイドだけでは勝負ができないんで、アウトコースの甘い所をしっかり捉えるバッターだと思いますね。

 

大久保 なるほど。

 

斉藤 だから、相手を見ながらやっているような感じに見えますね。

 

大久保 そこまで成長しちゃっているんですからね。

 

アナ 凄いですね。

 

 

以上です。

斉藤明雄は何を言っているのか分かりにくいところがありますが、何となく分かると思います。良いバッターなのは間違いないですね。

おすすめの記事