2020年11月10日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.広島カープ戦で全日程を終了した今季の東京ヤクルトスワローズについて元ヤクルト広島の笘篠賢治、元横浜の平松政次、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



最下位の原因は・・・

アナ ヤクルトは高津新体制で挑んだ1年でしたが、6位で2020年シーズンを終えましたました。悔しい結果になったと思います。

 

2020年のヤクルト
6位 41勝69敗 10分
打率.242(リーグ6位)
本塁打114(リーグ3位)
得点468(リーグ5位)
盗塁74(リーグ3位)
防御率4.61(リーグ6位)
失点589(リーグ6位)
失策65(リーグ4位)

 

大久保 それはもうそうでしょうね。ただ前半はよく頑張ったんですよ。

 

アナ うーん。

 

大久保 耐えて耐えてね。笘篠さん、ヤクルトの今季はどうでしたか?

 

笘篠 高津新監督になってOBから求めたいのは、もちろん優勝してもらいたいというのもあるんですけど、それよりも来年以降にどうやってチームを作り上げていくかという意味ではチームの底上げですね。

 

大久保 うーん。

 

笘篠 若い選手の経験値をどんどん上げていく、という部分が物凄く大事なんですよ。この成績に終わった原因を強いて挙げるなら、補強した外国人があまり機能しなかったこと。そこでちょっと補いたかったんですよね。

 

大久保 うんうん。

 

笘篠 その辺でちょっと機能できなかったというのが6位に直結した部分もあったのかなと思いますけどね。

 

アナ 平松さんは今シーズンのヤクルトをどう見ましたか?

 

平松 まあ、高津監督には可哀想だけど選手不足ですよ。キャンプも見たり、練習試合も見たりしたけど、やっぱり他の5球団と比べたら選手不足だなあと。高津監督はこの状況でよくやったと思いますけどね。とにかく投手陣にしても先発が整ってないし、ストッパーは石山が頑張りましたけど駒不足。

 

大久保 うーん。

 

平松 それから野手陣にしても、村上と青木はよく頑張りましたけど打てる外国人を獲ってこないとダメですよ。そういう意味ではフロントも来年は協力しないといけないと思いますよ。

 

 

山田哲人の不振

アナ その中で山田哲人選手ですよね。今シーズンは上半身のコンディション不良で抹消もあるなどなかなか苦しいシーズンになったかと思います。

 

今季の山田哲人
打率.254 本塁打12 打点52

 

大久保 笘篠さんは今シーズンの山田をどう思います?

 

笘篠 主軸を張ってる選手で、全日本レベルの選手は、特に今季はオリンピックの事も計算に入れて早く仕上げていったと思うんです。なのにコロナの影響でかなり期間が空いてしまったというところで、調子のバロメーターってあるじゃないですか。その辺りの影響も難しい部分があったんじゃないかなと思いますね。

 

大久保 なるほどねぇ。平松さんは今シーズンの山田哲人をどう見ますか?

 

平松 もちろん調整不足ですよね。

 

大久保 はい。

 

平松 少し体のキレという面で、ここ2、3年頑張ってきて今年は疲れが出ましたね。コロナの影響で今年はなかなか調整ができなかったというところで、これだけ悪いシーズンになったと思いますけど。まあ、本来は力を持ってますから。

 

大久保 そうですよね。

 

平松 来年期待しましょう。

 

 

成長著しい村上

アナ さあ、そんな中で村上は今シーズン全試合で4番に出場したと。

 

今季の村上宗隆
打率.307 本塁打28 打点86 出塁率.427
出塁率はリーグトップ!

 

苫篠 今年は期待される4番としてどれだけやってくれるのかなと。そういう中で期待通りの働きを見せてくれて、やっぱり日本人の4番バッターが1年間全試合に出てくれたというのは明るい材料ですよね。

 

大久保 しかも二十歳ですからね(笑)

 

苫篠 末恐ろしいですよ。

 

大久保 スゴいですね。

 

アナ うーん。平松さん、今シーズンの村上選手は成長した1年になったでしょうか?

 

平松 そうですよね。昨年もヤクルトといえば、村上のあのバットスイングを見たいというお客さんがとにかくいたと思うんですよ。

 

大久保 そうですよね。

 

平松 今年はそれにも増して成績を上積みして何の不足もないですよね。大体ホームランを打つ人は打率が悪いとか、そういうのがありますけど、打撃3部門とも揃ってるバッティングですからね。まだ高校出て3年目ですよ(笑)

 

アナ はい(笑)

 

平松 素晴らしい。だから来年は4番を補強しなくていいんですから、あとは脇を固める選手を整えていくと楽しみですね。

 

アナ 村上選手であったり、奥川選手であったり楽しみな選手が多いですし、来シーズンは優勝争いを期待しましょう。

 

 

以上です。

駒不足解消がまず必要ですね。
おすすめの記事