2015年にフジテレビの「すぽると」で放送された100人が選んだナンバーワン 強肩部門を紹介します。ナレーターと選手の語りと共に進行します。

 



強肩部門 第5

大瀬良大地 凄く。低い、速い、強い球を投げてるなというイメージがありますし。

 

坂本勇人 僕はタッチする側ですけど凄いボールを投げるなと思ってますね。小林誠司。

 

第5位は巨人のキャッチャー小林誠司(8票)。鉄砲肩と評されるスローイングで矢のようなボールを投げる。盗塁阻止率はリーグトップの数字を記録した(.438)。

 

 

強肩部門 第4

西勇輝 火が出るんじゃないかと思うくらい速いときもあるんで。

 

大嶺佑太 ファーストのグローブを突き破るくらいのなんかイメージがあります。

 

T-岡田 ソフトバンクの今宮。

 

第4位はソフトバンクの今宮健太(11票)。ショートから投げる鋭い送球でレフト線の当たりをことごとく阻止。三遊間への深い打球でも自慢の強肩で物ともせず奪ってみせる。

 

 

強肩部門 第3

筒香嘉智 強いですけど正確性も凄くあるんで。

 

武田翔太 レーザービームとかヤバいんで。

 

松井裕樹 ヤバいっすよね・・・。ヤバいっすよね・・・。

 

菊池雄星 糸井さんですね。

 

第3位はオリックスの糸井嘉男(12票)。2014年この部門でトップに立った糸井だが右肘の怪我などもありランナーを刺した捕殺の数はわずか3。では、なぜそんな糸井がランクインするのか。

 

浅尾拓也 糸井さんのイメージが強いですね。

 

山崎康晃 そんなイメージがあるかなというか。

 

糸井=強肩。強肩=糸井。もはや球界全体に植え付けられた、そんなイメージがランナーを釘付けにさせる。まさに糸井だから出来る技だ。2014年から出来た強肩部門の初代王者の糸井が3位となり波乱の展開となっている強肩部門。

 

 

強肩部門 第1位 1人目

則本昂大 体勢が崩れても物凄い返球をするところが、やっぱり他の人と違うかな。

 

清田育宏 投げ方とかはキレイとは思わないんだけど、やっぱり身体能力の高さとかで凄いなと思いますね。

 

前田健太 体の強さ、振る強さ、投げる強さ。全てを兼ね備えていると思うんで。

 

松井稼頭央 柳田選手ですね。

 

第1位1人目はソフトバンクの柳田悠岐(14票)。パワーヒッター(1位)、走塁部門’(5位)でも上位にランクインした柳田は肩も超一流。超人的な身体能力で強肩王の座を射止めた。

 

若松駿太 もう全部がズバ抜けてるんで。

 

藤田一也 打ってよし、走ってよし、守ってよし。凄い選手だなと思いました。

 

柳田悠岐 いやー、糸井さんには及ばないんですけど。もっともっとインナーマッスルを鍛えたいと思います。昔から肩だけは自信があったんで。それは本当に嬉しいですね。

 

 

強肩部門 第1位 2人目

雄平 ハマったときの彼はあれは2塁からはホームには行けないんじゃないかと思うくらい凄い球です。

 

今成亮太 肩が強いだけじゃなくて安定もしてたんで凄いなと思います。

 

梶谷隆幸 ロケットランチャーが飛んで来るみたいに。ちょっとバズーカみたいな。凄い強烈だなと思いながら見てます。

 

まるでバズーカのような肩の持ち主とは?広島の3年目21歳の鈴木誠也(14票)。2014年は2票にすぎなかったシンデレラボーイがトリプルスリーを柳田と肩を並べる形で大激戦となった強肩部門は幕を閉じた。

 

鈴木誠也 考えられないです。(強肩部門の盾を貰って)テレビで見ていたのが目の前に。興奮してますね。めちゃめちゃ嬉しいです。最初に聞いたときに本当に嬉しかったです。まさかとは思ったんですけど本当に嬉しかったです。

 

選手票数
1位鈴木誠也14
1位柳田悠岐14
3位糸井嘉男12
4位今宮健太11
5位小林誠司8

 

その他の100人が選ぶナンバーワン

 

以上です。

柳田と鈴木の肩は本当に凄いですよね。

おすすめの記事