2018年3月30日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で7回4安打無失点の好投をした西武・菊池雄星について元中日の谷沢健一と元横浜の高木豊とデーブ大久保とフリーアナの山田幸美(アナとして表記)が語っています。

 



大久保 色んな審判の方に「審判から見て誰が1番良いピッチャーなんだ?」って聞いたら菊池雄星の名前が凄く出る。僕が対策を立てるとしたら「短く持ってスライダーだけ」とかって言わないと。消極的じゃないと打てないピッチャーだなと思うんですけど豊さんならどう攻略させます?

 

高木 ないですよね。

 

大久保 ないですよね。

 

高木 もうみんなが認めるピッチャーだし。ただ、配球的に左打者には8割は外なのかなっていう感じが受けますんで。

 

大久保 確かに。

 

高木 そういう意味では左打者の方が確率が上がってくるのかなと思いますね。

 

大久保 そのへんで谷沢さんはどうですか?

 

谷沢 インサイドのボールは捨てますね。菊池雄星のインサイドは打ちにくいですよ。引っ張らずに逆方向に必ず打ち返すようにしますね。

 

アナ ただ、菊池選手にも課題があり12連敗中のソフトバンクへのリベンジということで。ソフトバンクとの対戦がこのままのローテーションでいくと8月の下旬まで当たらない可能性があります。

 

高木 そうなの。何で?

 

大久保 金曜日っていうのが当たらない日になっちゃって。ソフトバンクと当たらないんです。

 

高木 つまらないね(笑)

 

アナ それが功を奏するのかその辺りも注目していきたいと思います。

 

 

 

以上です。

菊池雄星の本格化は凄まじいですね。それにしても宿敵ソフトバンクに当たらずに8月までいくとしたら、それはどうなんてしょうね。

おすすめの記事