2021年4月14日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.広島カープ戦で苦手の森下暢仁を打ち崩した阪神タイガースの中野拓夢と佐藤輝明の新人コンビについて元横浜の高木豊とヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



中野&佐藤のヒーローインタビューの一部

中野 先に先制点が欲しい中で何としても自分が決めてやろうという、強い気持ちを持って打席に入った結果がいい結果に繋がったと思います。新人の中野です。これからしっかりと名前を顔を覚えてもらえるように、もっと頑張りたいと思います。

 

佐藤 やっぱり甲子園で打てて嬉しいです。新人の佐藤輝明です。皆さんの前でもっとホームランが打てるように頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。

 

 

中野&佐藤を語る

この日の佐藤&中野の打撃内容
佐藤 四球 右本 捕ゴ 中安
中野 右安 中飛 右飛 空三振
新人コンビで苦手森下を攻略!

 

アナ 阪神が広島に勝利。ルーキー二人がお立ち台でした。

 

真中 初々しい二人でした。チームはここまで0勝4敗と相性の悪い森下を相手にルーキーが活躍でね。豊さん、どうてすか?

 

高木 ルーキーですから色々考えずに向かって行くだけという。それを返り討ちにしなきゃいけない森下はキツいですよね。やっぱりルーキーですから思い切りがいいですよね。それで中野の先制タイムリーもライト鈴木誠也の肩を考えたら、2塁から生還した佐藤の脚力も相当速いなっていうのも感じますね。

 

真中 はい。

 

高木 それで佐藤も対戦カードを一回りして、森下と対戦も経験して、森下のカーブをホームランではいつもの佐藤だと軸回転で体が前に出ないんですけど、カーブは体が前に出ていっていいという事を考えながらのホームランだったかなと思うんですよ。

 

真中 うんうん。まあ、半速球は本当に上手く打ちますよね。

 

高木 上手いですよね。だから二人の見事な活躍ということは言えるでしょうね。

 

真中 頼もしいルーキーの活躍でした。

 

 

以上です。

今年はルーキーが当たり年。
おすすめの記事