2021年6月27日vs.横浜DeNAベイスターズ@甲子園の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 秋山―石井―斎藤―斎藤―岩貞

横浜 大貫シャッケルフォード―砂田―平田

 

DeNAが初回にオースティンの2ランで先制。更に4回表にはソトに3ランを浴びて5点差。5回表には桑原のソロホームランで6点差。阪神はその裏に糸原とマルテの連続タイムリーで2点取る。DeNAは6回表にも1点追加。8回表にはまたもソトがソロホームランで1点追加。阪神は8回裏に糸井の犠牲フライで1点返す。ここで打ち止めとなり試合は3-8で阪神の負け。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―初回の攻撃について(チャンスで大山佐藤が凡退)

矢野 どこかに負ける要因というものがあるものだ。あそこで1点でも返しておけば展開は変わっていたと思う。大山は4番だから、そこはチャンスで回ってくる。これは当然のこと。チーム全体でカバーする事も大切。一番は大山自身がどうしていくかだろう。

 

―今季初の同一カード3連敗

矢野 シーズンの中でずっといい事なんてない。そういうところから、どう見つめ直して、どう前に向かって行くのかだと思う。踏ん張りどころはシーズン中のどこであっても来る。ジャイアンツの調子がいいのは分かっているけど、直接戦っていない中で負けさせる事はできない。自分たちがどうするかに尽きる。

 

 

以上です。

大山が足引っ張ってますね。
おすすめの記事