自力V消滅の日ハム オリ戦でのバッテリーの配球を岩本勉が疑問視 2018年9月16日

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

2018年9月16日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvsオリックスバファローズ戦で北海道日本ハムファイターズバッテリーの配球について元横浜の高木豊と元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの井上清華と共に語っています。

アナ 岩本さん、日本ハムがオリックスに連敗です。

岩本 今日の試合を札幌ドームで見ていたんですけど、ちょっとファイターズのバッテリーに工夫が足りないかなという感想を持ちました。

アナ うーん。

岩本 というのは、このカードはバファローズの打線がスゴく積極的にファーストストライクからバンバン振ってくるんですよ。

アナ はい。

岩本 まあ、いわば早打ち傾向が見られていました。そういう傾向が出ていることを私たち解説陣が気付いているところをバッテリーも絶対に気付いているはずなんですけども、それをやっぱり利用したいんですよね。

アナ はい。

岩本 これちょっとロメロ選手を例に出すんですけど。

今季のオリックス・ロメロ

0ストライクからのヒット

95本中44本

3連戦のロメロの各打席の初球(太字が初球からスイング)

9/149/159/16(この日)
1打席目ファウルファウル左安
2打席目ファウル中飛三ゴロ
3打席目ボールファウル左安
4打席目左本ファウルファウル
5打席目見逃し左飛

岩本 今シーズン95本のヒット中、44本がもうファーストストライクなんですね。これは初球も含まれているんですね。

アナ はい。

岩本 そして、この3連戦の成績を見てみるともうほとんどが初球に手を出しているんですよ。それぐらい早打ち傾向の打者にこれぐらい甘い球を投げるとか、決してストライクから入ることが悪いとは言っていないんですが、もつ一つ打者の目線を外す工夫ができたんじゃないかと感想を持ったんですね。

アナ うーん。

岩本 まあ、ベテランの鶴岡がキャッチャーで、そして経験豊富なマルティネスがマウンドに上がっていただけにね。豊さん、そのへんが残念だなと思って見てたんですね。

高木 僕も昨日札幌にいて、今日の試合ではないんですけど、もう同じような感想を持ちましたね。

岩本 昨日も同じような試合だったんですよね。

高木 ですね。だから、もう少し誰をマークすんのかって考えたら、やっぱり中島が当たってるんですよね。

岩本 そうですね。

高木 だから、そこらへんをマークしないといけないし、そこらへんに簡単にタイムリーを打たれているようでは、ちょっと工夫が足りないと言われてもしょうがないでしょうね。

岩本 そうですねぇ。まあ、この連敗はチームにとっては痛いんですけども、こういう痛い敗戦を糧にして生かしてほしいですね。

以上です。

バッテリーが甘いという話ですけど、個人的な感想としてはロメロの初球打ちの多さが異常です。この辺が今年攻略されてしまった原因かもしれません。