2018年5月20日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.巨人戦で4安打3ホームランの大活躍でついにお目覚めかと感じさせる横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智について元横浜の平松政次、横浜で監督をしていた大矢明彦、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの久代萌美と共に語っています。

 



【この日の筒香の打撃内容】

1打席目 センターホームラン

2打席目 ライトホームラン

3打席目 ショートゴロ

4打席目 センター前ヒット

5打席目 右中間ホームラン

 

【筒香のヒーローインタビューの一部】

筒香 (ホームランを)打てるだけ打ちます。本当に良くなってきていると思うので明後日も勝てるように頑張ります。

 

 

アナ DeNAが大勝。筒香選手はお見事でしたね。

 

岩本 はい。ホームランが出やすいと言われる東京ドームですが平松さん、1試合3本というのはお見事じゃないですか?

 

平松 まあ、お見事ですよね。見ていると甘いボールが多いんだけど、今年の筒香は甘いボールを投げても打たないよというのがあったと思うんです。

 

岩本 はい。

 

平松 今日からは今までの筒香のイメージを捨てて、コースを丹念に突いて怖がりながら、用心しながら、攻めないといけないぐらいに復活しましたよね。

 

岩本 ラッキーパンチじゃなく、しっかりと捉えて、しっかり運びきっていますよね。

 

平松 これだけ振れているということは内容が良くなってきていますのでね。

 

岩本 その内容ですが大矢さん、今日の筒香を見たら今日だけという感じに見えないんですけど。

 

大矢 今シーズンの初めは少しリラックスしてフワっと立とうとしていた感じから、今は下半身がドッシリして若干開き気味で全くタイミングが崩れずにボールを見逃せるようになっているんですよね。

岩本 はい。

 

大矢 自分が打てるボールをしっかり待つだけの余裕を持ちながら自分の構えが出来るようになったんで、やっと筒香らしいバッティングが戻りましたね。

 

岩本 なるほど。ヤマ張りとかではなく、しっかりと捉えている。

 

大矢 はい。相手のピッチャーが怖く感じると思いますね。

 

岩本 ん~。調子が上がってきましたね。

 

 

以上です。

開幕直後は構えが棒立ちみたいな感じの自然体フォームでしたけど、今は去年のようなドッシリ構えたフォームにしましたね。色々試行錯誤したくなるんでしょうけど、見ている側からしたら余計なことせずに前のままで打ってくれよと思いますよね。

おすすめの記事