2021年7月7日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.阪神タイガース戦で途中出場から決勝打とチームを救うファインプレーを見せた東京ヤクルトスワローズの渡邉大樹について元中日の谷沢健一とヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



渡邉のヒーローインタビューの一部

渡邉 (お立ち台は)初めての事なので緊張しています。いつもプレーしながら背中を押してもらっていて、今日のバッティングに繋がったと思うので、いつも感謝しています。ありがとうございます。

 

 

渡邉を語る

この日の渡邉の活躍
同点の8回裏のチャンスの場面で勝ち越し打を放つ
9回表 右前打で三進を狙った1塁走者をレーザービームで刺す

 

アナ 真面目な人柄が伝わってくるようなヒーローインタビューでした(笑)

 

真中 本当に真面目な選手なんですよ。

 

アナ そうなんですね。

 

真中 はい。今日は決勝タイムリー、そして守備でもいいプレーがありましたよね。谷沢さん、途中出場から大活躍でヒーローインタビューなんですけど。

 

谷沢 決勝打のバッティングも然り、そして9回裏のライトから3塁への送球もレーザービームだね。

 

真中 そうでしたね。

 

谷沢 彼は千葉県の専大松戸高校でね、唯一甲子園に出場した年代なんですよ。

 

真中 はい。

 

谷沢 監督が持丸さんという方で常総学院でも監督をしていた人なんですよね。

 

真中 はい。

 

谷沢 だから渡邉くんは持丸監督に相当鍛えられたと思うよ。

 

真中 詳しいですね(笑)

 

谷沢 まあ、こういう選手が育ってきたのは嬉しいわ。

 

真中 渡邉選手は足を活かそうという事で野手に転向したんですよね。本当に嬉しい活躍ですね。

 

 

以上です。

途中から出てきてチームを勝たせました。
おすすめの記事