2019720日に日本テレビで放送された『Going Sports & News』で大船渡高校のピッチャー佐々木朗希投手のピッチングフォームを赤星憲広が番組MCの上田晋也と共に分析しています。

 



赤星 身長が190センチあって長身の佐々木投手なんですけど、なぜ高校生史上最速の163キロを投げられるのか。その秘密がこの10枚の写真の中にあると僕は思っているんです。

 

 

赤星 上田さんはどれか分かりますか?

 

上田 うーん。やっぱり8番の胸の張りでしょうね。あの胸の張りから球速が出るんですよ。

 

赤星 きましたね。

 

上田 そうでしょう。

 

赤星 残念。

 

上田 ん?()

 

赤星 ということで正解は7番なんですね。7番のお腹のユニフォームのシワにロックオンです。

 

上田 ほー。

 

 

赤星 何故このシワができているか、ということなんですけど、左足が着地した瞬間に下半身がバッターの方に向いてるんですね。

 

上田 はい。

 

赤星 ただ上半身に関してはまだ胸が三塁方向を向いているから、ユニフォームにシワができるんですよ。

 

上田 なるほど。

 

赤星 下半身と上半身のねじれが163キロの秘密なんじゃないかなと思うんですね。

 

上田 ほー。

 

赤星 この状態で上半身をギリギリまでねじれるかどうかが大きいんでしょうけど、それを保って一気に爆発させているから160キロ台の速球が出るのかなと思います。

 

上田 へぇー。

 

赤星 更にノビシロでいうと、指摘をするなら上田さんが言ったように8番のところなんなんですけど。

 

 

上田 ほー。ノビシロ。

 

赤星 はい。投げる右手が僕の見解ではもうちょっとだけ、頭に近いところに右手の位置があると、コントロールのブレとか、ねじれ動作のパワーのロスというのが少なくなるんじゃないかなと思うんですね。

 

上田 へぇー。

 

赤星 あれが頭から右手が離れてしまうと、溜めたものが逃げてしまう可能性もありますし、その場合に右バッターに抜け球がある。

 

上田 なるほど。

 

赤星 その辺が修正できると、まあ修正というか現時点でも凄いんですけど、もっとコントロールが良くなるのかなと思いますね。

 

上田 ちょっと頭と右手が離れるとシュート回転するんですね。

 

赤星 そうですね。ちょっとしたコントロールミスにも繋がると思うので。

 

上田 現時点ではそんなに修正点がほとんど見当たらないぐらいなんですか?

 

赤星 いやぁ、正直ほとんどないですね。

 

上田 170キロ目指してほしいなあ。

 

 

以上です。

7月21日の岩手県大会では160キロをマークしました。
おすすめの記事