2019515日にBS1で放送された『ワースポ×MLB』でこの日のvs.コロラドロッキーズ戦で先発し勝ち負けはつかなかったものの圧巻の17奪三振の投球を見せたボストンレッドソックスのクリス・セールのピッチングについて黒木知宏がフリーアナウンサーの山本萩子と共に語っています。

 



この日のクリスセールの投球内容

7108被安打3 奪三振17 与四球0 失点2

今季15敗 防御率4.24

7イニング以内での17奪三振はメジャーで初

 

 

黒木の解説

アナ セール投手、2勝目とはなりませんでしたが、17奪三振で本当に素晴らしかったですね。

 

黒木 はい。今日のセールを一言で表すと「恐怖のピッチャー」ですね。

 

アナ はい。

 

黒木 中でも右バッターに対するインコースのフォーシームが非常に素晴らしかったです。

 

アナ では映像を見ていきましょう。

 

黒木 右バッターのインコースに投げるこのフォーシームなんですけどストライクなんですよね。でもバッターは避ける仕草をしてしまうんですよ。

 

アナ 本当ですね。

 

黒木 もうまさに踏み込んでいけない。そして踏み込んでいくと当たりそうな感覚になる恐怖の、素晴らしいボールでしたよね。

 

 

アナ では、このフォーシームをゼウスで見ていきましょう。

 

黒木 ゼウスで、バッター目線からやって頂いたんですけど、どうでしょう。

 

アナ もう向かって来る感じというか、本当に怖いですよね。

 

黒木 バッターとしては踏み込んでいきたいんですけど、これだけ向かって来ますと、なかなか踏み込めないですよね。

 

アナ しかもこれがストライクゾーンに入って来ると。

 

黒木 そうなんですよ。バッターからすると避けてしまうのも分かりますよね() まあ本当に怖い、凄いフォーシームでしたね。

 

アナ そうでしたね。右バッターに対してはフォーシームだったんですが、左バッターに対してはどうだったんだしょうか?

 

黒木 はい。左バッターの場合は恐怖のスライダーです。

 

アナ なるほど。

 

黒木 このスライダーは左バッターの背中から来るような、これもまた凄いスライダーなんですよね。コース自体は甘めに来ているんですけど、左バッターが避けてしまうぐらい曲がる。当たるかもしれないという感じで背を向けたバッターもいました。

 

アナ そして左バッター目線からゼウスです。

 

黒木 これはどうでしょう。

 

アナ リリースした瞬間は向かって来るような感じで、思わず背中を向けてしまうのも分かりますよね。

 

黒木 背中の後ろから来る感じですよね。

 

アナ はい。

 

黒木 それでいて、大きく曲がってストライクゾーンに来る。そしてそこから左バッターのアウトコースの厳し目のスライダーを投げたり、150キロオーバーのフォーシームもありますからね。まあなかなか今日のセールは打てないでしょうね。

 

アナ この角度はまさに「恐怖」という感じですよね。

 

黒木 はい。

 

 

アナ 右バッターへのフォーシーム、左バッターへのスライダーをビシビシ決めたセール投手なんですが、実はメジャーでの9イニングでの奪三振記録が21だったので、あと3つで記録だったということだったんですよね。

 

黒木 はい。

 

アナ そして交代を告げられた時にセール投手が監督に20奪三振やらせてくれないか、というのをお願いしているシーンがありました。笑顔でコミュニケーションをしていましたが、黒木さんはどうご覧になりますか?

 

黒木 選手としてはやりたいですよ。ただ、監督の采配の中では、個人の成績もスゴく大事なんですけど、長いシーズンを戦っていかないといけませんから、そういった点では球数もいってましたし、うまくマネージメントできたんじゃないかなと思いますね。

 

アナ はい。その判断に対してセール投手も「続投したかったが監督の判断を疑ったことはない」とコメントをしました。それにしても5月は防御率も1点台ですし、完全復活と言ってもいいでしょうか?

 

黒木 はい。力強さも出ていましたし、ボールの強さや精度も上がってきましたんで、完全復活したと言ってもいいですね。

 

アナ 今シーズンこれからの活躍を期待しましょう。

 

不調期の記事

 

以上です。

とうとう最強左腕が復活です。
おすすめの記事