2021年11月12日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日の読売ジャイアンツとのクライマックスシリーズファイナルステージステージ 第3戦で東京ヤクルトスワローズの先発・原樹理のアクシデントからの必死の継投について元横浜の野村弘樹、元近鉄西武の金村義明、横浜で監督をしていた大矢明彦がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



この日の継投
1  原   1回1/3 失点0
2 金久保  3回2/3 失点1
3 石 山  1回   失点0
4 スアレス 1回   失点0
5 清 水  1回   失点0
6 マクガフ 1回   失点0

 

稲村 見事にヤクルトが日本シリーズへの進出を決めました。大矢さん、この試合をご覧になっていかがでしたか?

 

大矢 高津監督が勝利インタビューでも言ってましたけど、やっぱり今日はピッチャーがよく頑張ってましたよね。

 

稲村 はい。

 

大矢 先発の原樹理が1回1/3で交代せざる負えなかった。その後を若手の金久保も調子がイマイチな中で1失点でまとめて、それから今日はいつもと違うからプレッシャーがかかると思うんですよ。その中でどのピッチャーも自分の持ち味を十二分に発揮して主導権を渡さなかったんですよ。

 

野村 うんうん。

 

大矢 それが非常に大きかった。今日は投手陣が本当によく頑張ったと思います。

 

野村 そして打つ方では最後にベテランの青木が決めましたよね。

 

大矢 そうですね。今日の青木はメルセデスに本当にいいようにやられてタイミングが合わないゲームだったんですよ。

 

この日の青木の打撃内容
1打席目 空振り三振
2打席目 ショートゴロ
3打席目 レフトフライ
4打席目 レフト前ヒット(打点2)
日本シリーズ進出を決める2点タイムリー

 

大矢 なのに4打席目のあの1打席だけ。それも素直にレフト方向にヒットを打ちにいったところに価値があるよね。内容のあるバッティングだったと思います。

 

野村 金村さん、この青木の一打はこれまでの3打席とは別人のような勝負強さを見せてくれましたね。

 

金村 これぞベテランというね。ここでのバッテリーのリードもね。いきなりインサイドに構えましたからね。

 

野村 えぇ。

 

金村 なかなか満塁ではピッチャーもインサイドに投げづらいのになあと思ってたところをね、当然甘くなりますよね。

 

野村 うんうん。

 

金村 まあ、それにしても見事なベテランのタイムリーですよね。

 

野村 素晴らしかったですね。

 

 

以上です。

投打ともに勝負強かった。
おすすめの記事