2021年6月3日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦で9回2点リードから抑え投手が打たれ引き分けに持ち込まれしてしまった読売ジャイアンツ。その巨人の抑えは誰がいいのかについて元横浜の高木豊、広島で監督をしていた達川光男、元横浜の平松政次が語っています。

 



この日は畠を2点リードの抑えとして起用されましたが追い付かれてしまい試合は引き分けとなった。

 

高木 西武との3連戦では1戦目も今日の3戦目も、9回土壇場で追い付かれました。達川さん、今の巨人でクローザーと言える人で誰が一番いいですかね?

 

達川 やっぱりクローザーといえば球が速い、ウイニングショットがある、コントロールがいい、連投が出来るとか、色々な要素を必要とする中で、今日投げた畠が一番その素養があるんじゃないかと原監督が送り出したとは思うんですけどね。

 

高木 そうですねぇ。平松さん、畠なんかの事を考えると中継ぎと抑えで、どのような心境の変化がありますか?

 

平松 まず抑えは「自分がここで抑えれば勝てる」という事でかなり力が入りますよね。

 

高木 やっぱりプレッシャーはキツイですか?

 

平松 それはありますよ。リリーフというのは他のピッチャーの勝ちを消したりもありますのでプレッシャーはかなりありますよね。

 

高木 うんうん。

 

平松 例えば先発だと自分の事だけを考えて投げればいいので気が楽と言えば楽なんですけどね。

 

高木 はい。

 

平松 畠からすると先発、中継ぎ、抑えと色んなところで使われてるんで、かなりの負担になると難しいと思う。

 

高木 では平松さんは誰が抑えにいいと思いますか?

 

平松 やっぱり私はデラロサだと思いますね。昨年もずっとやってるしね。その他だとビエイラ。

 

高木 はい。

 

平松 その辺だと球が速くて三振も取れるという事で武器を持ってるし。現状の畠だと可哀想だと思う。

 

高木 なるほど。

 

 

以上です。

デラロサがしっかりと調整して投げるのが一番でしょうね。
おすすめの記事