2018年8月6日に関西テレビで放送された「報道ランナー」でヤクルトで監督をしていた古田敦也が1軍復帰してから13試合の阪神タイガースのロサリオを見てどう評価するかを関西テレビアナウンサーの新実彰平と共に語っています。

 



番組が球場にいた阪神ファンのキッズに取材した結果、「ロサリオはボールを振り過ぎ」とか言いまくった後に「ロサリオはどうすれば調子が良くなるのですか?」と古田に質問しました。

 

 

古田 よく見てますねぇ(笑)

 

アナ ボール球を打てへんようにって(笑)

 

古田 そうそう。前半戦のロサリオはどうしても打ちたい、打ちたいという気持ちが早っていたからね。どうしてもぶんぶんボール球を振っていました。

 

アナ はい。

 

古田 でも、1軍に復帰してから実は調子がいいんですよ。

 

【今シーズンのロサリオの成績】

2軍降格前の48試合

打率.230、本塁打4、打点22

1軍復帰後の13試合(7月18日~8月5日)

打率.320、本塁打3、打点10

 

 

アナ 2軍降格までは打率が2割3分でホームランが4本。1軍に復帰してからは打率3割2分でホームランが3本で10打点と。

 

古田 まあ、さすがに子供に言われるぐらいですからね。みんなから言われていますからねぇ。やっぱり、試合を見ていても、多少はボール球を我慢するようになってきましたから。

 

アナ そうですね。

 

古田 ボール球を振りにいっても打てないんだから。

 

アナ ちょっと戻ってきているんですかね。

 

古田 ちょっと調子が戻ってきましたね。本人も楽しそうに張り切ってやっていますからね。

 

アナ はい。

 

古田 もしかしたら、これからあるかもしれないですよ。

 

アナ まさに古田さんが仰った、前半戦に活躍できなかった選手の上積みですよね。

 

古田 そうそう。彼が活躍することは全てにおいて上積みになっていきますからね。

 

アナ はいはい。

 

古田 逆に言うと、彼が打線をずっと止めていましたからね。ロサリオが打って打線が繋がっていけば、十分にチャンスがあると思いますね。

 

アナ 以前と比べて変化は見えますか?

 

古田 見えます。ボール球を前よりかは我慢するようになりました。

 

アナ おぉぉ。

 

古田 我慢してください、ロサリオ。

 

アナ ハハハ(笑) 後半戦のキーマンですね。

 

古田 キーマンです。

 

 

ちなみに古田の2018年のセ・リーグ予想は阪神でした

 

 

以上です。

当たり障りのないことを言っている感じですね。ボール球を振らなくなったのは確かです。

おすすめの記事