2021年4月4日vs中日ドラゴンズ戦@京セラドームの阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 ガンケル―岩貞―スアレス

中日 小笠原―谷元―藤嶋

 

阪神は初回に近本の先頭打者ホームランで1点先制。中日の反撃は4回表でエラー絡みから1点取られ同点。6回裏に阪神は今年初スタメンの陽川が勝ち越しタイムリーで1点差。更に7回裏に糸原のタイムリーで更に1点加えて2点差。試合はこれで決まり。3-1で阪神の勝利。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

突き放す貴重な3点目のタイムリー糸原について

矢野 頼りになる。ああいうところで何とかしてくれる。打つ方も守っててもベンチでも、よく声を出してチームを引っ張って、いい雰囲気を作ってくれているね。

 

3カード終えて投手陣が踏ん張っている

矢野 一番は先発陣が頑張っていること。だからこそ昨日の青柳にも勝ちを付けてやりたかったけどね。いかんせん打線が1点と言わず、あと2、3点ランナーを返すところであと1本出てないので、そういうところで課題になっている。

 

―佐藤のスタメン落ちについて

矢野 一つの事を考えている訳じゃない。佐藤の事ももちろん考えているけど、チーム全体の事も考えているんだ。一つの事でやっている訳ではないからね。

 

 

以上です。

中日との試合は貧打戦ですね。
おすすめの記事