2018年3月にテレビ朝日の「ビートたけしのテレビタックル」でヤクルト阪神楽天で監督をした野村克也が自身の引退を決意した時について語っております。タレントのビートたけしや東国原英夫、フリーアナの阿川佐和子などが登場しております。

 



阿川 野村さんは引退すると決意したのはどんな時でしたか?

 

野村 最後は西武ライオンズにいたんですけど7回ぐらいに1アウト1-3塁でチャンスが回ってきたんですよ。任せとけと思っていたら監督から「おい、野村野村」と呼ばれて代打を告げられて。それで引退を決めました。俺に代わってピンチヒッター誰だろうと思っていたら左の鈴木ってのが出て来て。もうベンチに座って考えさせられました。

 

たけし 野村さんはゲッツーが1番多いんじゃなかったっけ?

 

一同 (笑)

 

たけし 野球史上ゲッツーが1番多い。

 

野村 そういう不名誉な記録を出すタイミングじゃないよ、今は!

 

一同 爆笑

 

野村 良い話をしてんのに(笑)

 

阿川 良い話をしているのにゲッツーじゃない(笑)

 

野村 全部潰されちゃった(笑)

 

阿川 それでベンチで考えて「あぁ、もうこれで引退だ」と思われた時には未練はなかったんですか?

 

野村 ありましたけど自分の目標としては50歳まで出来ないかなと。

 

たけし イチローと同じだ。

 

野村 後輩のためにね。そういう基準になると思っていたら代打を告げられて求められてないんだと。

 

阿川 でも、その引退を決める時にサッチーさんにはどういうふうに?

 

野村 いや、別に「辞めんの?」ぐらいですよ。

 

たけし でも、野村さんは辞めるって言ったっていっぱい仕事はあるからね。

 

野村 いや、あの時はないんですよ。道が。

 

たけし ないの?

 

野村 全く野球以外は出来ませんから、そんな話を心配で心配で車の中でボソっと「これから何して食って行くよ」と呟いたんですよ。

 

阿川 はい。

 

野村 するとサッチーさんがね「なんとかなるわよ」って。本当に言う通りに何とかなりました。

 

東国原 それまでにゲスな話、貯蓄とかありましたでしょ?

 

野村 いや、全くないです。

 

東国原 ないんですか!?

 

野村 はい。最初の嫁さんのところに全部置いてきましたよ。ゼロからの出発ですから。

 

 

以上です。

引退を決意したときのサッチーの言葉が胸に響きますね。

おすすめの記事