2021年4月2日vs中日ドラゴンズ戦@京セラドームの阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神 藤浪―岩貞―加治屋―小野

中日 福谷―鈴木―又吉―祖父江

 

阪神のホーム開幕戦。藤浪は2回表にランナー3塁からボークで失点。阪神は直後の2回裏ににエラーからチャンスを作り木浪と近本のタイムリーで3点取って逆転。阪神の勝ちパターンに入りましたが、8回表に加治屋が捕まり同点。その後、ピンチを引き継いだ小林も打たれて逆転。更に9回表には2点追加され3点差に広がる。試合はこれで決まり3-6で阪神の負け。

 

矢野監督の試合後のコメント

6回1失点の先発の藤浪について

矢野 ピンチもあったけど、粘り切れたのは大きかった。だからこそ勝たせたかったんだけどね。

 

―近本にタイムリー

矢野 練習でもずっと悪い感じはなかった。そういういい材料もあるからこそ勝ちたかった。

 

8回表の継投について

矢野 今日はちょっと岩崎が使えない感じだった。(加治屋で)乗り切りたかったんだけど、1年は長いので・・・。

 

―加治屋について

矢野 ホークスで経験があるから任せたんだけど、何とか1イニングいってくれだろうと思っていたんだけど、球数が増えたところフォアボールを出したくない中でボールが浮いて打たれてしまった。使った監督の責任です。こういう継投は今後1年間を通じての課題になってくるよね。

 

 

以上です。

中継ぎが弱い。
おすすめの記事