2018年の3月に日本テレビで放送された「シューイチ」という番組で2018年の松坂大輔について元中日の山本昌が語っています。タレントの中山秀征と日本テレビアナウンサーの佐藤義朗(以下アナとして表記)と同じくアナウンサーの上重聡と共に語っています。

 



アナ マサさんはソフトバンク時代から松坂投手をご覧になっていますがここまでどうですか?

 

山本 キャンプ初日から見せてもらっていますけど至って順調だと思いますね。

 

アナ それで、何が順調なのかというのを具体的に解説して頂きたいと思います。マサさんにポイントを挙げて頂きました。

 

【肩の回し方とモニターに映される】

 

アナ 肩の回し方ということなんですが。

 

山本 そうですね。2017年もその前にもソフトバンクのブルペンで見ているんですけど今年違うのがこれなんです。

 

アナ それを実演して頂けるということで。

 

中山 何がどう違うんですか?

 

山本 ピッチャーというのは投げる時にトップまで大きな弧を描くように回した方がスピードが乗るわけですが、肩が痛いとトップに上げる前から体が前に突っ込んじゃう。

 

中山 なるほど。

 

山本 ですから、2017年までですとトップに上げる前から体が前に突っ込んで投げちゃう。

 

アナ 肩の手術もありました。

 

山本 それが今年は外に大きく腕を回せるんです。遠心力をしっかりと使えていますので。もうそこから全然違うんです。

 

中山 かつての肩の回し方に近くなっていると?

 

山本 近くなっていますね。2017年まで悪い癖がついていましたが、それが直ってきています。

 

中山 痛みの怖さから逃げる投げ方をしていたんですね。

 

山本 そうですね。小さく小さく、痛くないところを使って投げていたんですけど。今年はそれがないので、不安はあるかもしれませんが、かなり良くなっていると思いますね。

 

中山 さすがプロの見る眼は違いますね。

 

アナ さすが50歳まで現役をされていたマサさんの視点だと思うのですが。

 

中山 そうですね。

 

アナ 上重さんは松坂投手と親交がありますけど、松坂投手は「肩の不安はない」とおっしゃったと?

 

上重 松坂投手もマサさんと同じことを言っていました。以前は体が勝手に反応して体が前に突っ込で投げていたと。痛くないように反応してしまうんですけど、今年はそれが自然になってきたと本人がおっしゃっていたので、マサさんの言う通りだと思います。

 

中山 そうなってくると開幕ローテーションというのが。

 

山本 そうですね。ただ、ここ5年間はまともに野球をやっていませんから。今の状態なら必ず通用しますけど、じっくりね。本当にじっくりとね。チーム事情で開幕からいきたいというのもあるんですけど悩ましいところですよね。

 

アナ 是非、お伺いしたいのがどれぐらい勝てるのかと。

 

山本 そうですね。故障さえなければ、あれだけの技術を持っているピッチャーですから私は1つ勝ったら5つぐらいはいくと思います。そして、故障なくいったら2桁勝っても不思議じゃないです。それぐらいの回復具合を見せていますんでね。ただ、5年間やっていないという部分でどう仕上げるか。本当に怪我無く気を付けてほしいです。

 

中山 あと、これまでの松坂投手はスピードボールと変化球だったじゃないですか。

 

山本 はい。

 

中山 コントロールというのはどうですか?

 

山本 それほどバラけるような投げ方をしてないですからコントロールも肩さえ悪くなければある程度は投げられると思います。

 

中山 なるほど。かつての真っ直ぐがなくてもその辺は変化球で。

 

山本 そうですね。もともと、150キロ以上のボールを投げていましたけどそれでも145キロ近くは出ていますからね。春の状態でこれですから夏になればもう3キロぐらいは上がると思います。

 

中山 上がっていきますか。

 

山本 期待したいですね。

 

アナ まさに、マサさんも50歳まで術で変化してと言いますか、そういった形でやっていましたから37歳の松坂投手はまた新しい姿を見せてくれるかもしれません。

 

山本 いやいや、まだまです。まだまだいけます。

 

 

以上です。

以前のように見るからに変な投げ方じゃなくなっていますね。復活することを期待したいです。

おすすめの記事