2018年5月23日にMBSテレビで放送された「戦え!スポーツ内閣」で中日で監督をしていた落合博満が開幕して2ヵ月、5位の阪神タイガースについて、大山の起用について語っています。番組MCの武井壮とブラマヨ小杉とお笑い芸人の田村けんじも登場しています。

 



5月23日の試合終了時点の順位表

順位チームゲーム差
1位広島26151-
2位巨人222014.5
3位De191925.5
4位中日202216.5
5位阪神192106.5
6位ヤク1524110.0

 

小杉 阪神はなかなか調子が上がらないんですけど、浮上できますかね?落合総理。(番組内の設定で落合は野球総理という肩書)

 

落合 別に悪くないでしょ、これ。

 

武井 悪くない。

 

落合 うん。

 

武井 ここまでの阪神の戦いぶりを見てどうですか?

 

落合 あのね、ゲームというかオーダーが落ち着いていない。

 

武井 あ、オーダーが落ち着いていない。

 

落合 うん。だから、こういう時って誰しも経験があるんだけど、1回落ち着かせた方がいいんだろうと思う。要するに日替わりでしょ。まして、3番4番5番は当初は糸井-ロサリオ-福留。そして、大山をどこで使うかと考えていた。

 

武井 はい。

 

落合 何故そこにこだわるかと言うと、敢えて鳥谷をサードからセカンドに回したということは大山をサードで使いたいが為に鳥谷をコンバートさせたわけでしょ。

 

武井 はい。

 

落合 今は両方が死んでいるもんね。(5/23の大山の打率.167で鳥谷の打率.149)

 

小杉 そのチョイスで両方死んでしまっている。

 

落合 うん。上本が怪我をして1番状態のいい選手がいなくなった。あと他に出ている選手というのは当初はショートにしても色んなポジションにしてもシーズン中にこういう布陣でいきましょうと決めた選手があまりにも数字が上がってこないが為に日替わりで使わざる負えなくなってしまったという。だから、1回オーダーを5試合から10試合ぐらいは落ち着かせる。

 

小杉 我慢をする。

 

落合 だって、今出ているメンバーは.180台とかそんなメンバーでしょ。どこに替える必要があるの。

 

武井 確かに。落合総理はラインナップはどういう感じがいいと思いますか。

 

 

落合 それは・・・金本が決めることであって・・・。

 

一同 (笑)

 

落合 それは・・・俺が言ったら大変なことになるでしょ(笑)

 

一同 (笑)

 

田村 言うてほしいんじゃない?それも。

 

武井 ちなみに落合さんの理想でクリンナップだけ言うと、どうですか?

 

落合 最初のでいいんじゃないですか。

 

武井 あっ、最初のまま。糸井-ロサリオ-福留。

 

落合 また(鳥谷が)何試合か打ってないからって連続試合が止まるんじゃないかって、あんなの記事を出す方がいけない。

 

武井 あー。

 

落合 打たない本人も悪いんだけども、使ったら打つんだって。

 

武井 なるほど。

 

小杉 じゃあ、鳥谷をサードに戻す?

 

落合 いや、そうしたら大山が死んじゃう。

 

武井 あー。

 

落合 だから、何をするんだと言えば、やっぱり大山を使い続けるしかないんだろうと思う。

 

武井 なるほど。

 

落合 今年だけじゃなくて、今シーズンやそれからの事も考えながらね。

 

小杉 うーん。なるほど。

 

落合 そんなに1年目がどうで2年目がって、どこの数字を彼らが求めているの。まだそこまで経験をしていないし。

 

小杉 そうか。

 

落合 ただ、ゲームから外して解放感を与えちゃダメよ。これから伸びようと思っている選手には。

 

小杉 なるほど。成績が悪くても緊張感がある状態で。

 

落合 とことん周りから野次られながら叩かれながら『なにくそ 1軍の選手として飯食っていく!1軍の選手になるんだ!』ってそういうモノを選手に植え付けてやらないと。

 

小杉 藤浪選手についてもそれを言ってましたもんね。(2017年の年末にこの番組で発言していた)

 

落合 (藤浪は)いつの間にか居なくなっちゃったね。

 

武井 ねぇ。色々ある。

 

 

以上です。

大山の起用について贔屓だ何だと言われがちですけど、ドラ1で指名して期待をかけている選手ですから使い続けろという落合の言葉です。大山は将来の阪神を背負う選手ですからね。

おすすめの記事