2019年1月11日にABCラジオで放送された『伊藤史隆のラジオノオト』で人的補償で広島カープに移籍することになった長野久義について、そして原辰徳監督が持つ巨大な権力について有田修三がABCアナウンサーの伊藤史隆と共に語っています。

 



アナ 有田さん、ジャイアンツがFAで丸選手を獲得しました。そうしたらカープが人的補償でジャイアンツから長野久義を獲りましたというのが月曜日(1月7日)にあり驚きました。

 

有田 はい。

 

アナ 有田修三さんはこれをどう見ましたか?

 

有田 いやぁ、大変でしょう(笑) ちょっと考えられんもんね。なんで長野がプロテクトされてなかったのかが不思議。

 

アナ はい。

 

有田 どういうあれだろうね。

 

アナ まあ、この10年単位でいうと、ライオンズに移った内海哲也とこの長野は本当に投打の軸で、プロ野球の世界でこれを言うのはどうかと思いますけど功労者ですよね。ファンから人気が高い大ベテランですが、全盛期らからは力が落ちたと言えなくもない選手を守るべき枠から外してたんですよね。

 

有田 まあ、若い選手を獲られたくないという感じで残したんでしょうね。でも長野はずっと毎年100本以上のヒットを打ってるわけだからね。

 

アナ 去年も111本のヒットを打って打率は2割9分です。

 

有田 ようこんな選手出したなっていう感じがしますけどね。

 

アナ 有田修三さんは現役時代的から原辰徳さんとはご昵懇で、本当に監督としての熱さと、いい意味での冷徹さというのを持っていると有田さんはおっしゃってましたけど。(※実際に有田と原監督は仲がいいみたいです)

 

有田 うん。

 

アナ もちろん原監督が一人で決めたわけじゃないですけど。

 

有田 でも、監督の意見は絶対に強いよね。

 

アナ はい。

 

有田 今なんかは特に、前の時に監督になった時もそうだけど、原監督というのは全権監督だからねぇ。

 

アナ あー。

 

有田 巨人のキャンプに行くでしょ。

 

アナ はい。

 

有田 私なんかは「たつ」って呼ぶんだけど、原監督に「有田さんちょっと来てください」って呼ばれて「もういいよいいよ 邪魔になるからいいよ」って言ったら、「来てください!」って。

 

アナ はい。

 

有田 「僕の言うことは絶対ですよ」とかね(笑) それを平気で言うから。

 

アナ はい(笑)

 

有田 「僕が言うことはもう100%なんです」と。「だから来てから好きなようにしていいですから」とか。それぐらい力を持っている人がこうやって長野を外してるっていうね。何か考えがあるんやろうね。

 

アナ はい。

 

有田 今度キャンプに行ったら聞いときますわ。

 

アナ 是非お願いします。

 

 

以上です。

原監督は実際に権力を持ってるでしょうからマジで言ってそうですよね。

おすすめの記事