2018年12月17日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース 年末大反省会」で2018シーズンをもって現役引退した新井貴浩について金村義明、デーブ大久保、笘篠賢治がアナウンサーと共に語っています。

 



新井の通算成績

2383試合 打率.278 本塁打319 打点1303

7934打数2203安打

 

アナ 金村さん、新井選手の引退。これがチームを一つにしたという。黒田の時もそうでしたが。

 

金村 そうですねぇ。終盤に向かってこれからって時に引退を発表して、新井を男にするんだとまたまたチームが一つになりましたよね。

 

アナ はい。

 

金村 やっぱり無形の力っていうのを持ってますよね。

 

アナ なるほど。デーブさん、あのタイミングで引退を新井は発表しました。どう感じましたか?

 

大久保 タイミングもそうだし、前田健太が抜けて、広島ダメかなと思ったら黒田で。その時は黒田にはピッチングでもやられましたけど、黒田がチームをまとめて。

 

アナ うん。

 

大久保 なんか広島って派閥がありそうな雰囲気があって。

 

アナ そうなんですか?

 

大久保 外から見てて、あつら仲悪いんじゃねえか、みたいなのがけっこう見えるチームだったのが。

 

アナ へぇー。

 

大久保 黒田が入ってチームをまとめちゃって。それで黒田がいなくなったら今度は新井がまとめてっていうところがスゴく大きいと思ってたんで。

 

アナ はい。

 

大久保 それでまた黒田がメジャースタイルの粋なことをやって、新聞に自腹で1000万円ぐらいかけて、「新井はすごかった」って。

 

アナ 広告出されてましたよね~。

 

大久保 粋なことをやるなあっていう演出した二人が今度はいなくなるので、丸がいなくなるのも大きいけど、僕はそっちの新井がいなくなる方が大きいんじゃないかなという気がしますけどね。

 

アナ なるほど。苫篠さんはどうですか?

 

苫篠 いや確かにその通りだと思います。やっぱり自分のためだけではなくて、誰かのためにっていう合言葉みたいなのがあるぐらいなんでね。そういう部分では新井が抜けたので次は誰がチームを引っ張れるか。あとは石原になるんですかね。石原も會澤がいて、石原もあと何年やれるか分からない状況ですし、石原が先頭に立ってどれだけ盛り上げてくれるかでしょうね。

 

 

以上です。

惜しまれて引退です。

おすすめの記事