2018年12月17日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース 年末大反省会」が読売ジャイアンツの高橋由伸監督の3年間を江本孟紀、谷沢健一、田尾安志、松本匡史、デーブ大久保がアナウンサーと共に語っています。

 



アナ 江本さん、お願いします。

 

江本 まあ、巨人はしんどかったですよね。エースがいても、岡本が伸びたと言っても、投打のバランスが悪かったですよね。

 

アナ はい。

 

江本 まあ、後ろのピッチャーも不安だったしね。特に外国人投手が全然使えなかったしね。

 

アナ うーん。

 

江本 だけど、その割には最後になんとか3位に滑り込んだんでね。2017年も広島に大きくダブルスコアで負けてるでしょ。高橋監督も今年言ってたけど、それをフラットぐらいにすればいいところまで行けるということだったんですよね。

 

アナ はい。

 

江本 やっぱり2017年と同じようにダブルスコア。これが一番の敗因ですよ。

 

アナ 谷沢さんはいかがですか?

 

谷沢 最後の方は高橋監督も監督に慣れてきたというかね。どちらかと言うと采配の遅い監督だったんだけどね。これからはいけそうだな、まだやってもいいかなという、そういう雰囲気が醸し出されたんでね。ちょっと残念だと思うね。

 

アナ なるほど。松本さんはいかがですか?

 

松本 はい。高橋監督も一生懸命やったんですけど、なかなか選手がついて来れなかったというのがありますし。選手で言うと菅野が本当に頑張ったんですけど、ただ広島戦でもうちょっと頑張ってくれればなんとか、もっといいところにいけたんじゃないかと思うんですけどね。

 

アナ はい。田尾さんやっぱり菅野はスゴかったですよね。

 

田尾 ああいう絶対エースがいるのになかなか優勝争いまでいかないというのは一つ問題ですよ、ここはやっぱり年俸の高い選手も多い。その選手に気を使ってるような気がしてね。

 

アナ うーん。

 

田尾 僕はもっとガンガンコーチが引っ張っていってもいいと思うんですよ。

 

アナ なるほど。

 

田尾 うん。だからそういうところであまりにも選手を主体に・・・まあそれは大事なことなんだけど、もっといい方向に持って行けたんじゃないかなと。高橋監督は辞めるということが決まってからは作戦面も非常に動き出した。あれを最初からやってたらもうちょっと勝てたなと思いながらね。そこが残念でしたね。

 

アナ デーブさんはどうですか?

 

大久保 僕はスゴく好きな後輩だったんでショックだったんですけど。ただ、プレッシャーをかけることは今年のジャイアンツ、由伸自身がプレッシャーをかけれられるタイプではないので、そういう悪役をやってくれる人がいなくて由伸も苦しんだところもあったと思うんですよ。ジャイアンツってもともと紳士的で、西武みたいな野武士みたいなところからジャイアンツに移籍した僕からしたら、僕まで大人扱いしてくれるから、巨人だと言ってくれる人がいないと甘えてくるんですよね。

 

 

以上です。

最後はいい采配してましたけどね。

おすすめの記事