201951日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.阪神タイガース戦で令和になって1試合目。まさかの2つのエラー、そのエラーが得点に結び付き負けてしまうという広島カープでフルイニング継続中の田中広輔の状態について元中日阪神の田尾安志、元中日の立浪和義、ヤクルトで監督をしていた真中満がタレントの衛藤美彩と共に語っています。

 



今季の田中の打撃成績(5/1時点)
打率.181(105-19) 本0 打点3

 

真中 阪神に敗れたカープなんですけど、田中広輔選手が今日は8番でスタメンで、2安打したんですけども。

 

田尾 そうですね。

 

真中 何か攻守に少し精彩を欠いているようなイメージなんですよねぇ。

 

田尾 思い切りのいい選手なのにちょっと前に出ることを躊躇している。ちょっと待ってしまう。2回裏の大山のショートゴロのエラーも前に出れてないですよね。

 

真中 そうですよねぇ。

 

田尾 この後の5回裏の木浪のショートゴロのエラーもちょっと待っちゃうんですよね。いつもだともっと前に突っ込むんですけどね。

 

真中 一歩前に出ればというところなんですけどねぇ。

 

田尾 この前、コーチにも聞いたんだけど、今年うまくいってないのはエラーからなんだと。

 

真中 なるほど。

 

田尾 エラーがなくなって8連勝したんだと言ってましたけど()

 

真中 そうですよね。

 

田尾 またエラーが出だしましたね。

 

真中 立浪さん、これバッティングの調子が悪いときに守備がちょっと気になることはあったりするんですか?

 

立浪 もちろん「バッティングが悪いので守備だけは」って思うんですけど、そこでエラーが出てしまうと恐らく逆に変なプレッシャーがかかってしまうんですよね。

 

衛藤 プレッシャーで力が入るんですかね。

 

立浪 堅くなってしまうんでしょうね。

 

真中 あと田中広輔はフルイニングもやってるんですよね。

 

ショートのフルイニング記録
1位 鳥谷 敬 667試合
2位 田中広輔 596試合
(5/1の試合終了時点)

  

田尾 そうですね。

 

真中 現在が596試合で鳥谷の記録が667試合。なかなか休んだりとか、監督もスタメンから外して気分転換とかを色々考えたいところなんですけども、この記録があると難しいですよね。

 

田尾 僕はいつも思うんですけど、何を目指すかですよね。

 

真中 はい。

 

田尾 だから個人の記録を作らせるために野球をやっているわけではないんで。チームが勝つためにどうするか。それを考えるのが監督だと思うので、それは考えた方がいいんじゃないですか。

 

真中 立浪さん、ショートでずって出続けるって体もしんどいですよね?

 

立浪 これだけ試合に出てるわけですからね。ここまで来たらもちろん頑張ってもらいたいんですけどね。何とか自分で調子を上げてね。

 

田尾 そう。調子を上げれば文句ないんですけど。

 

真中 もともと能力のある選手ですから何とか打破してほしいですね。

 

 

以上です。

監督が決断しないとダメですね。
おすすめの記事