2021年5月15日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で第2号の2ランホームランを放った来日3年目で好調の北海道日本ハムファイターズの王柏融について元横浜の平松政次とヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの山田透と共に語っています。

 



この日の王柏融の打撃内容
1打席目 レフトフライ
2打席目 ライトホームラン(打点2)
3打席目 空振り三振
4打席目 ピッチャーゴロ
シーズン打率.393(5/15の試合終了時点)
大王が本領発揮!

 

アナ 真中さん、今日ファイターズは敗れましたけど、目立ったのが王柏融です。第2号の2ランホームラン。

 

真中 そうですね。期待されて入って来て、なかなか期待に応えられなかったですよね。

 

アナ そうでしたね。

 

真中 それで今年は開幕から2軍で悔しい思いをしたんですけど、チームがコロナ禍に巻き込まれて1軍の層が薄くなって上がってきた。これが最後のチャンスというか、ここで頑張ろうっていうところで結果が出てますよね。

 

アナ うんうん。私は台湾時代のラミーゴ・モンキーズで三冠王を獲ったのを覚えてるんですよね。平松さん、日本に来てかなりやるんじゃないかと思ってたら、なかなか結果が出ませんでした。

 

平松 まあ、期待されていた過去の2年は力も入ったでしょうしね。

 

アナ はい。

 

平松 こうやってノンビリというのはないでしょうけど、気楽に打たせたら素晴らしいバッティングをしますよ。リストは強いしね。

 

アナ なるほどね。今日のインコース打ちも難しいコースですよね。

 

平松 難しいですよ。ファウルになるコースをスタンドに入れましたからね。物凄い技術を持ってます。

 

アナ なるほど。日本ハムはコロナで離脱していた西川遥輝選手と渡辺諒選手が復帰して、これから巻き返しです。

 

 

以上です。

ようやく本当の姿を見せてくれるんでしょうか。
おすすめの記事