2018年6月23日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.西武戦で大雨の中の試合で満塁ホームランを放ち逆転勝ちに貢献した千葉ロッテマリーンズの井上晴哉について元横浜の高木豊、元中日の立浪和義がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。ちなみにこの試合は5回表終了後に大雨で降雨コールドとなりロッテの勝利で終了しました。

 



【この日の井上の打撃内容】

1打席目 サードゴロ

2打席目 ライトホームラン (打点4)

打率.247、本塁打8、打点39 (6/23の試合終了時点)

 

【ボルシンガー登板日の井上】

打率.353、本塁打6、打点13

 

 

アナ ボルシンガーに強力な相棒。井上アジャが帰って来て、即逆転満塁ホームラン。

 

高木 そうですね。よく捉えましたよね。

 

アナ うーん。「反応で打てた」と本人は言っていますけど。

 

高木 まあ、反応ね(笑) これ打者は途中から『あっ、真っ直ぐ一本で来るだろうな』っていう第六感みたいなのが働いたと思うんですよね。

 

アナ なるほど。立浪さん、こういう俺が投げたら奴が打つみたいなことって。

 

立浪 そういうシーズンってありますよね。ただ、今井投手もムキになっていて井上選手が真っ直ぐに振り遅れていましたから、いきたくなる気持ちも分かるんですけど、どこかで1球でも変化球を挟みたかったかもしれないですよね。

 

アナ はい。

 

立浪 バッターからしたらまだ振り遅れているから、『まだ真っ直ぐ来るだろうな』と思いますからね。

 

アナ そうですね。

 

 

ここから突如、引退表明をしたロッテの大嶺翔太についての話題に

 

 

アナ 実は残念なニュースをお伝えしなければなりません。千葉ロッテマリーンズの大嶺翔太なんですが、金銭トラブルを理由に引退の申し出をしました。球団はこれを受理しまして、大嶺選手は引退ということになりました。2017年は91試合に出場して今年の開幕前には外野にも挑戦していただけに豊さん、残念ですね。

 

高木 えっ、どういうトラブルなんですか?

 

アナ 借金ですって。

 

高木 ほー。

 

アナ それ以上の詳しい事はまだ分かりません。

 

高木 なるほど。

 

 

以上です。

ボルシンガーの時に打ちまくる井上なんですよね。それにしても大嶺翔太は何をやらかしたんでしょうか。お兄ちゃんもロッテ所属で頑張っているのに借金でクビが回らなくなって引退って前代未聞ですよ。

おすすめの記事