2018年7月13日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で前半戦の巨人を振り返って岡本を我慢強く使った高橋由伸監督の起用について元横浜の平松、楽天で監督をしていたデーブ大久保、ヤクルトで監督をしていた真中満が語っています。後半では岡本以外の選手についても少し言及しています。

 



大久保 一ついいことだなと思ったのが岡本を32打席ぐらい打てなかった時によく我慢したなと思って。

 

平松 ですよね。ゲレーロなんかが故障したりで調子が悪くて下げて岡本を4番に持っていった。その時からどういう状態になっても、今年は岡本の4番でいこうというのが高橋監督はあったんじゃないですかね。

 

大久保 そうですね。

 

平松 まあ、それにしても、普通は32打席ノーヒットだと代えるよね。

 

大久保 代えますね。

 

平松 代えなかった。

 

大久保 真中さん、こういう時って、もういつ代えるかじゃないですか。

 

真中 そうなんですよね。ただ、高橋監督は我慢強いですから、もう多分心中するぐらいのつもりで岡本を起用したと思うんですよ。そして、本人もよく期待に応えましたよね。

 

大久保 そう!

 

真中 あそこから挽回しましたもんね。それはやっぱり素晴らしいですね。

 

大久保 開幕前に4番岡本なんて誰も思わなかったんじゃないですか。

 

平松 それは思ってないわ。

 

大久保 思ってないですよね(笑)

 

平松 いつスタメンから外されるかなと。

 

大久保 そうですよね。ファームにいつ落とすんだぐらいの。

 

平松 そうそう。だから、本当はゲレーロなんかがしっかりとやっていれば、岡本は6番7番ぐらいでやっていれば、恐らく巨人はもっと強い。

 

大久保 確かにその通りですよね。

 

平松 だから、岡本に頼ったというか、そういう気持ちもあるんだろうけど、ちょっと32打席ノーヒットというのはそこらへんに弱さがあるわね。

 

大久保 そうですね。

 

真中 挽回しましたよね。岡本は後半戦にいいスタートを切りそうなぐらいの状態に戻しましたよね。

 

【ここから岡本以外の選手について】

大久保 それで、巨人ヤクルト戦の解説の時にベンチ裏に行ったんですけど、阿部にしてもたった1打席なのにもう声が出ないぐらい練習しているんですよ。

 

平松 おぉぉ。

 

大久保 これも大事なことでまだまだいけるなと。

 

平松 それは若手の見本になるよね。

 

大久保 そうですね。宇佐見に声を掛けたり、あぁいいなあと感じましたね。

 

真中 キャッチャーも面白いですよね。

 

大久保 面白い。宇佐見もいいよ。

 

真中 宇佐見と大城がいますから、小林がもうウカウカしていられないですよね。

 

大久保 前半戦の終わりには7試合ぐらい外されていますよね。

 

真中 だから、小林、宇佐見、大城をバランス良く起用して相乗効果といいますかね。

 

大久保 そうですよね。

 

平松 まあ、これで巨人が追い掛けないと。

 

大久保 カープが行っちゃいますよね。

 

平松 追い掛けないとカープが逃げてゴールするよね。

 

 

以上です。

岡本の起用は大当たりしましたよね。我慢したのが実りましたね。

おすすめの記事