2018年7月20日のvs.横浜DeNA戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

この日の先発は阪神・秋山、横浜DeNA東で試合が始まりました。阪神は初回に2番スタメンで出場した北條が先制ソロを放ち幸先の良いスタートを切る。しかし、阪神の先発秋山が1回裏に桑原に先頭打者ホームランを浴びて同点にされる。その後、初回はピンチを迎えるも何とか凌ぐが2回はピンチをまたも作るも守り切れず柴田、桑原、宮崎、筒香にタイムリーを打たれて4点を追加される。更に4回にソトに犠牲フライで1点を追加されて秋山は4回を投げて降板。その後に2番の望月は6回裏に四球から崩れて2点を取られ、7回には3番手の岩崎がまた2点を取られボコボコ。阪神は初回の北條のソロから音無しでしたが8回表にDeNAの中継ぎの中後を打ち崩し2点を返す。いつも通りの追い付かない反撃をして試合が終了。最終スコア3-10で阪神の負け。MBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを参考に書いております。



 

―苦しい試合展開

金本 序盤に打ち込まれるしんどい試合展開が最近続いている。

 

―先発の4回6失点の秋山について

金本 コントロールでやってきたピッチャーが外に構えたのが中に入ったりとだいぶコントロールを乱しているよな。相手の打撃陣の早打ちをもうちょっと感じてほしい。ただ、ボールから入ってファーストストライクを振られるんで難しいとは思うんだけど、そのへんのいなし方は経験なんだけどな。

 

―陽川について

金本 打てなくなるのは我々も予測していた。そこで彼がどうするか、我々は彼を見ているんだけどね。例えば、エラーをした後の打席だとかそういうのを見ている。

 

―陽川の代わりはどうするか

金本 代わりはいないでしょ。

 

―糸井が2軍でホームランを打ったが

金本 いきなり4番ということはないよ。ただ、センターナバーロとかは糸井が帰って来た時の備えでやっている。

 

 

以上です。

弱い。最下位争いも見えてきたな。

おすすめの記事