2018年8月18日vs.東京ヤクルトスワローズ戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

先発は阪神・小野、ヤクルト・カラシティーで試合が始まる。小野は初回からヒット、四球でチャンスを作られバレンティンにタイムリーを打たれて1点先制される。ここから小野は5回まで上位打線が巡る打順になるとランナーを出してしまいピンチを再三迎えるが0点に抑える。一方、阪神の攻撃は3回に糸原の3塁打でチャンスを作り、続く北條がタイムリーを打ち同点となる。4回にはチャンスで小野がゴロを叩きつけて3塁ランナーがその間に生還し1点。6回には鳥谷、梅野の連続ホームランで2点を追加。ここで3点差となり試合が落ち着くかと思いきや、6回裏に小野がいつもの四球連発とヒットでノーアウト満塁の大ピンチとなり桑原に投手交代。その桑原は代打の畠山に2点タイムリーを打たれて1点差となり試合終盤となる。9回裏に阪神は1点リードでドリスを投入するが2アウト満塁まで追い詰められるが最後に何とか打ち取り4-3で阪神が勝利。MBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを参考に書いています。



 

【金本監督の試合後のコメント】

―最後のドリスがヒヤヒヤだったが

金本 ヒヤヒヤを超えてるわ。ドリスに繋ぐまでの勝ちパターンがスムーズにいっていただけにね。最近のドリスは調子が良かっただけに先頭バッターの出塁ですね。

 

―危険球退場の後だから良かったんじゃないですか?

金本 いや、本人も何とか・・・。ん・・・表現が難しいな(笑)

 

―鳥谷の今季初ホームランについて

金本 今年、初めて外野の頭を越えた。あれだけまだ力もあるし、あとは最終打席のライト前ヒットが一番良かった。いいポイントで打てていて引っ張ることができている。ここを評価したい。大ファールもあったし、速い球をしっかりと打てているし、これからも楽しみだね。

 

 

疲れた表情で会見をしていたようです

 

 

以上です。

阪神ファンにとっては最後のドリスの投球はイライラMAXでしたね。

おすすめの記事