2018年8月24日vs.読売ジャイアンツ戦の阪神・金本監督の試合後のコメントです。

 



【試合展開】

阪神の先発は秋山、巨人の先発はメルセデスで始まる。阪神の秋山は序盤からコントロールに不安な立ち上がり。2回裏に岡本の四球から始まって満塁のピンチを作ってしまい、8番山本に押し出しの四球を与えて先制される。更に4回にはランナーを1塁に置いて相手ピッチャーの9番メルセデスに左中間を抜かれる2ベースヒットを打たれて1点を追加される。一方、阪神の攻撃は最初から最後までメルセデスを打ち崩せずに2安打の完封負け。チャンスも作ることができず何も見せ場もなく試合が終了。最終スコア0-2で阪神の負け。コメントはG+とMBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを参考に書いております。

 

【金本監督の試合後のコメント】

―相手先発のメルセデスについて

金本 メルセデスは本当に良かった。球も動いていてコースも低めに決まっていたので、起用した右バッターは苦しかったな。これを打つのはなかなか難しい。

 

―データではメルセデスは左バッターに弱いが

金本 そのデータはありました。あったけども、データの量がまだ少ないのでチームとしてはそのデータが明らかなものだと感じられなかったので、今回は右バッターや植田のスピードを生かすようなオーダーを並べた。

 

―久々のスタメンで3打数無安打のロサリオについて

金本 今日のメルセデスの出来だと攻略はちょっとしんどいな。

 

 

インタビューは以上です

メルセデスに脱帽していたようです

 

 

【秋山の試合後のコメント】

秋山 フォアボールが絡んで点を与えてしまいました。短いイニングでの降板となってしまって自分の役割を果たすことができませんでした。チームに申し訳ないです。

 

 

以上です。

打てなさ過ぎ。メルセデスが良かったというのを差し引いても。

おすすめの記事