2018年9月22日にBS1で放送された「ワールドスポーツMLB」で東北楽天ゴールデンイーグルスのGMに就任した石井一久が外国人補強の難しさをフリーアナウンサーの上田まりえと共に語っています。

 



アナ 石井GM、今週はどんなお仕事をしていたんですか?

 

石井 今週は外国人選手とかのリストアップですね。

 

アナ あー。

 

石井 来年にどういう選手を補強したらいいかとか。

 

アナ うーん。

 

石井 まあ、スゴく難しいのは、サッカーとか色んなスポーツがありますけど、スーパースターの選手が日本にやって来て、一番差が出るスポーツなのがやっぱり野球なんですよ。

 

アナ はい。

 

石井 それで、スーパースターの選手が来たからといっても日本では簡単に活躍できないんですよ。

 

アナ うーん。例えばサッカー界だと日本にヴィッセル神戸のイニエスタ選手だったり、サガントスにトーレス選手のようなスーパースターが今色々と来ていますよね。

 

石井 はい。まあ、そういう選手は評判通りに活躍できるんです。

 

アナ はい。

 

石井 野球ってやっぱりスーパースターの選手が来ても簡単には活躍できないと思うんですよね。

 

アナ うーん。

 

石井 何でなのかなと僕は考えるんですけど、やっぱりストライクゾーンの違いだったり、ボールの違いだったり。

 

アナ あー。

 

石井 ボールも統一していかないといけないですし、ストライクゾーンもそうですし。

 

アナ はい。

 

石井 色んな小さいルールですよね。サッカーの場合だとコートの広さはどこでも一緒じゃないですか。

 

アナ そうですよね。

 

石井 そういう違いがあったりするんで、選手がどうやったら日本の野球に順応するのかというのを見るのも一つ大事なポイントだと思いますね。

 

アナ サポートするのも球団の役割になりますよね。

 

石井 サポートは大事ですね。僕がアメリカに行ったときのサポートもそうですし。

 

アナ なるほど。勉強になります。ありがとうございました。

 

 

以上です。

外国人選手にサポートするのは大切ですね。楽天の補強はどうなるのか楽しみです。

おすすめの記事