2018年3月31日にTBSで放送された「S-1」という番組で元巨人の桑田真澄が開幕2戦目で4安打1ホームランと大活躍した岡本和真と1イニングを抑えて今季初登板で初勝利を上げた澤村拓一とNPB復帰後に初の公式戦で1イニングを無失点に抑えた上原浩治についてTBSのアナウンサーの伊藤隆佑(以下アナと表記)と語ります。巨人の3選手について語っております。

 



 

【4安打1ホームランの岡本について】

アナ 桑田さん、素晴らしいホームランでしたね。

 

桑田 そうですね。岡本君は着実に成長していますね。2017年は失投を打ち損じていたんですが今年は失投をしっかりと捉えていますよね。

 

 

【今季初登板で初勝利を上げた澤村について】

アナ 桑田さんが考える優勝へのキーマンは誰でしょうか?

 

桑田 1人目は澤村君ですね。非常にフォームが良くなっています。力みがなくなって脱力した状態からリリースに力が集約されるようなフォームになっていますね。コントロールが安定していますしボールもやっぱり力がありますね。非常に期待しています。

 

 

【初登板の上原について】

アナ そして、もう1人の優勝へのキーマンは?

 

桑田 やはり上原君ですね。彼の持ち味はテンポの良さとコントロールの良さなんですね。このテンポの良さは守っている野手や攻撃のリズムを作るんですね。そして、コントロールの良さはベンチも含めて安心感を与えるんですね。一つスタミナが問題なので上手く休ませながら起用していくと彼の力を最大限発揮できるんじゃないかなと思います。

 

 

以上です。

桑田の分析では澤村と上原が巨人の優勝へのキーマンのようです。後ろが安定すると取りこぼしが無くなりますので強くなるでしょうね。先発のマイコラスの穴がどうなるかが気になります。

おすすめの記事