2019430日に読売テレビの『朝生ワイド す・またん』で当時オリックスブルーウェーブの投手コーチだった山田久志がいわゆる『仰木マジック』について読売テレビのアナウンサーの森たけしと共に語っています。

 



アナ 昨日(4/29 平成最後の試合)は仰木監督を偲んでということで、みんなが背番号72を背負って試合をしたんですけども、改めて仰木監督の監督時代の成績はこのようになっています。

 

仰木監督の成績
昭和63年近鉄2位 平成9年オリ2位
平成元年近鉄リーグ優勝平成10年オリ3位
平成2年近鉄3位平成11年オリ3位
平成3年近鉄2位平成12年オリ4位
平成4年近鉄2位平成13年オリ4位
平成6年オリ2位平成17年オリ4位
平成7年オリリーグ優勝

監督通算14年 優勝3回

平成8年オリ日本一

 

森 我々はけっこう近鉄のイメージが強いんですけどね。

 

山田 強いよね。

 

森 平成7年にオリックスが優勝しました。

 

山田 この時は震災の年だから非常に盛り上がりましたよね。

 

アナ 「がんばろう神戸」でしたね。

 

森 スゴい活躍でした。

 

アナ 山田さんは平成6年から平成8年までオリックスで投手コーチとして仰木監督と一緒に戦われましたよね。

 

山田 仰木さんは大変だったよ。

 

森 何が大変だったんですか?

 

山田 あのね、ピッチャーに関してはほとんどめちゃくちゃ。

 

アナ あっ、そうなんですか!?()

 

山田 うん。とにかく全ての試合に勝ちたいから、どんどんピッチャーをつぎ込んでいくってタイプだったんでね。

 

森 なるほど。

 

山田 それをストップさせるのが大変。

 

森 ピッチングコーチはそれをするのが大変なんですね。

 

山田 うんうん。

 

アナ よく『仰木マジック』という言葉が言われてましたけども。

 

山田 『仰木マジック』というのはその日その日にどうやって勝つかを考えて、次の日とかを考えてない。

 

森 あぁ。その場その場の閃きで。

 

山田 そうそう。その場の閃きでやってるからね。そして色んなことを考えてた。

 

森 ほー。

 

山田 鈴木を『イチロー』にしたりね。

 

森 そうでしたね。

 

山田 佐藤を『パンチ』にしたり。そういう色んなことを考えて注目させる。

 

森 ファンに対しても色々と考えてくれてましたよね。

 

山田 パ・リーグ広報部長と言われてましたからね。

 

森 なるほど()

 

 

以上です。

ピッチングコーチは大変でしょうね。
おすすめの記事