2018年4月17日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」にてこの日のvs楽天戦で3試合連続ホームランを打ったソフトバンクの柳田悠岐について元横浜の平松政次、元横浜の高木豊、元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



高木 ソフトバンクの攻撃陣ですが、エラーの後の柳田の一発。

 

アナ そうですよ。はい。

 

高木 これは相手チームにとって物凄く強烈なダメージを与えるんですが、柳田がノッてきました、里崎さん。

 

里崎 そうですね。3試合連続でしょ。しかも、全て完璧に打っているんですよね。

 

【柳田が岸の厳しい内角球をホームランにする映像が流れる】

高木 このボールなんかはキャッチャーとして打たれたらしょうがないと思わないですか?

 

里崎 これは仕方ないですよね。あそこを完璧に打たれたら岸の投球も悪くない。強いて言うなら「インコースの真っ直ぐをやめたら良かったな」ってぐらいですね。

 

高木 ただ、ソフトバンク打線が当たってきて、やっぱり柳田が眠っている状態だとまだ楽だと思うんですけど。

 

里崎 そうですね。

 

高木 これ対戦していてどうでした?

 

里崎 1番最初は引っ張るだけだったんですよ。まだ、出始めの時は。

 

高木 はいはい。

 

里崎 そんなに怖くないと思っていたんですけど、2年目から反対方向にも強い打球を打つようになったんで、そうなってきたら厄介だなと思っていましたね。

 

高木 そうですよね。でも、打線の中では柳田が眠っていてくれればというのは大きい。

 

里崎 まあ、大きいですよね。

 

高木 そうだよね。平松さん、投げる方は大変だと思う。

 

平松 いや、あのボールを打たれたらピッチャーからすれば、もう「ごめんなさい」と。「大したもんだ」というぐらいにね。打った球はボール球かもしれませんよね。

 

高木 うん。

 

平松 ということは、勝負にいくんだったらインサイドはもっと外すという勇気がないと、インサイドに勝負にいったら、あの岸のボールを打つんですから。だから、相当仕上がってきた。勝負を避けることも1つの案かもしれませんね。

 

高木 でも、野手がエラーした後に打たれたっていうのはピッチャーもイヤですよね。

 

平松 それはイヤだけど、打たれたのはピッチャーの責任なんで野手のせいにしたら駄目だね。

 

高木 そうですか。

 

平松 そりゃそう。

 

高木 ただ、柳田は手がつけられなくなってくるかもしれませんね。ソフトバンクがノッてきました。

 

 

以上です。

柳田のホームランはかなりエグいようです。インコースの難しい球をホームランですからね。これから柳田が打ちまくる予感です。

おすすめの記事