2019523vs東京ヤクルトスワローズ戦の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は高橋遥人、ヤクルトの先発はブキャナン。阪神、ヤクルト共に頻繁にスコアリングポジションにランナーを進めるが拙攻が続き両チーム共に点が入らず。そうこうしているうちに9回裏1アウト満塁で糸原がサヨナラヒットを打ち阪神が1-0で勝利。スカイAとMBSラジオとABCラジオの野球中継のレポートを紹介します。

 

 

矢野監督の勝利監督インタビュー

―最後は繋いで満塁で糸原が決めてくれた

矢野 あそこしかないという感じですしね。ジョンソン、ドリスも投げていましたし。もう決めてくれるだろうという思いで見ていました。

 

―糸原らしい粘ってサヨナラ打

矢野 もともとしぶとさが健斗のいいところなんで。まあみんなが繋いでね。ピッチャーもよく繋いで、全員で勝った試合だと思います。

 

―先発の高橋遥人が6回無失点

矢野 申し分ないですね。前回も点は取られましたけど、いいボールはいってたんでね。それぐらいのボールは期待していたんでね。期待通りの素晴らしいピッチングでした

 

7奪三振で次回の登板も楽しみ

矢野 その部分は梅野もよく引っ張ってたんで、2人で取ったアウトや三振だと思います。

 

―ジョンソン・ドリスは3連投でよく投げた

矢野 こういう展開になると出さざる負えないんでね。でもそれで勝てたのは大きいですし、いつもいいピッチングをしてくれて本当に心強いです。

 

―ヤクルト3連勝は1点差勝利で自信になる?

矢野 いやいや楽に勝ちたいですよ() もっと打って楽に勝てる試合をしたいですけど。まあどういう形であれ、最終的にみんなの力で勝てたというのは本当に大きいと思います。

 

―明日からはハマスタで3連戦

矢野 今だけはちょっと喜んで、ちょっとゆっくりして、また明日から明日として1試合ずつ戦っていきます。

 

 

マルテの試合後のコメント

マルテ (9回の打席で四球を選びサヨナラのお膳立てをしたことについて)あの打席はみんないい球だったけども、そういう球を投げることは分かっていたし、自分は自分のゾーンを決めていました。

 

 

筒井1塁コーチの試合後のコメント

筒井 (牽制球が梅野の顔面直撃)あれはワンバウンドが当たった。それでも出続けて、あいつは凄い根性や。

 

 

藤井バッテリーコーチの試合後のコメント

藤井 (梅野は)脳とかには問題なさそうだったのでそのままいってもらった。拭くもん何もないわと思って腕()で顔の汚れを拭きました。

 

 

高橋遥人の試合後のコメント

高橋 気持ちでしっかりと投げることができました。スワローズ戦は初めてでテレビで見る人ばっかりだったけど、気持ちで向かって行けました。今日はどのボールでも決め球に使える感覚の良さがあって、カウントを悪くしても自信を持って投げられた。回の途中でマウンドを降りることが多かったので自信になりました。

 

 

福原投手コーチの試合後のコメント

福原 高橋は昨年肩の問題があったけど大丈夫。次の登板も間隔を考えて投げさせます。

 

 

清水ヘッドの試合後のコメント

清水 スタメンは左の方が意外と結果を出していないので、あんまり上手くいかなかったけど、ああいうオーダーにしました。同じことをやってもいけないので色々とやってみました。6回のピンチを切り抜けたのが大きかったよね。点をやらないということで、あそこからドンドン流れがうちにやって来ましたね。

 

 

以上です。

最後の最後で決まりました。
おすすめの記事