2019523日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日の vs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で先発し、1失点したものの見事な2勝目をあげた北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大について元中日の井端弘和と楽天で監督をしていたデーブ大久保がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



この日の杉浦の投球内容

577被安打4 奪三振4 四死球2 失点1

今季20敗 防御率0.60(5/23の試合終了時点)

今季3試合目 過去2試合は10イニング無失点

 

 

杉浦のヒーローインタビューの一部

杉浦 チームは連敗中でしたけど、自分の仕事に集中して、とにかくいい流れを作ろうと思ってマウンドに上がりました。他のピッチャーよりは休ませてもらっているんで、しっかり仕事をしようと思ってました。

 

 

井端とデーブの解説

アナ 井端さん、杉浦のピッチングですけど良かったですね。

 

井端 そうですね。1試合目、2試合目はほとんど完璧だったんですけど、今日はたまに悪いボールというか、指にかからないボールがあったんでね。それもちょっと楽天のバッターを戸惑わせたのかなと思いますんで。

 

アナ はい。

 

井端 この辺で修正してくれば間違いなく打たれないピッチャーかなと思いますけどね。

 

アナ ここまで負けなしのピッチャーというのはチームにとっても大きな存在ですよね。

 

井端 多分、肩が良くないんでしょうけど、その辺に不安があって登板間隔が空いてますけど、それが多少詰めてきた時にはかなりの戦力になるんじゃないかなと思いますけどね。

 

アナ 今日は特にストレートで球速以上の力を感じましたよね。

 

井端 そうですね。途中から伸び上がってくるようなストレートなので、バッターはタイミングが合ってもかなり差されてるんじゃないかなと思いますんでね。あれを1打席目から捉えるのはなかなか厳しかったとは思いますけどね。

 

ここからデーブと稲村も入ります

 

稲村 デーブさん、杉浦選手は移籍後負けなしの4連勝です。

 

大久保 これ井端さんは杉浦がヤクルト時代に対戦しているんですよね。

 

井端 そうですね。今日のような強いストレートのイメージは全くなかったですね。

 

ここで2014年10月1日に神宮で巨人・井端がヤクルト・杉浦からレフトにホームランを打つ映像が流れる

 

大久保 これ映像を見せたくて出したんですか?

 

稲村 ホームランですね()

 

井端 いや、僕がホームランを打つぐらなんで、このホームランはどっちかと言うと泳いでる感じで打っていたんですよね。

 

大久保 真っ直ぐですよね。

 

井端 真っ直ぐで「あれ?来ない」って感じだったんですけど、今の杉浦投手はあの辺からピュっと伸びていますんで。

 

大久保 確かに違う球になってますよね。

 

 

以上です。

昔からは大きく変わったんでしょう。
おすすめの記事